MAGAZINES

ギター・マガジン 2003年09月号

669(本体619円+税)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 272ページ
発売日2003.08.12

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

■Featured Guitarists
ジミー・ペイジ~Dazed and Confused
DVDとCDで発表されたライブ音源が大きなムーブメントを引き起こし、世界的な社会現象ともなったレッド・ツェッペリン再評価の波。黄金期にジミー・ペイジが残したギター・フレーズの宝石群は、現代もまったく色褪せることなく色鮮やかに響いてくる。今回は時代背景も含めた詳細な曲解説と奏法分析を交えて、ライブCDの全曲を大紹介。ロック界の金字塔とも呼べる70年代のジミー・ペイジが、今ここに輝く!

■Special Program
大村憲司、ふたたび~Kenji Is Nearly Here
1998年11月、享年49歳。日本ポップス界に多大な貢献を果たした名手の早すぎる死は、多くのミュージシャンやファンにショック与えた。あれから約5年、憲司不在を惜しむ声はどこからともなく高まり、再評価の動きは途切れることなく続けられ、ついに4枚のソロ・アルバムが一挙リイシューされる運びとなった。この絶好のタイミングに、改めて名手の軌跡を振り返るギター・マガジン総力集結の一大特集!鈴木茂、渡辺香津美、近藤房之介らのコメント、使用機材の徹底検証、ディスコグラフィなど、貴重な写真をふんだんに交えて多角的にその実像に迫る。必見です!

■The Instruments 1
さらば、ノイズ
ブーン、シャー、バチバチバチ・・・・気持ちよくギターを弾こうとしている時に突然襲いかかってくる不快極まりないノイズ。今回は、ギター本体、エフェクター、アンプ、自宅録音環境などのシチュエーション別にノイズをシャットアウトするノウハウをまとめて紹介しています。これは役立つ!

■The Instruments 2
ヒュース&ケトナーのすべて
CHARを始め、凄腕のプロ・ギタリストたちが使用しだしたことで一気に話題を集めている、今最も注目すべきアンプ・メーカー、ヒュース&ケトナー。ギター・マガジンはついにドイツの本社工場取材を敢行!代表機種の試奏レポート、開発者インタビューなどでこの魅惑のアンプ・メーカーのすべてをここに紹介。

■特集
気軽に弾けるボサノヴァ・ギター
この季節、アコースティック・ギター片手にオシャレなフレーズを弾くならばボサノヴァが一番!一般的に難しいと思われているボサノヴァ奏法を実にわかりやすく基礎から解説。なんと、これを読めば「イパネマの娘」が完璧に弾けてしまう保存版仕様。さあ、キミも気軽にボサノヴァにトライ! 

■インタビュー
小野瀬雅生
オレンジペコー
BACK DROP BOMB
ラリー・カールトン
ジェシー・ハリス
徳武弘文+ジェリー・マギー
野呂一生+陣内大蔵(Vibes)
ブレッド・ガースド
CRAVE
OK GO
小川銀次
アーク・エネミー
Spin Aqua

■ギター・スコア
野性のENERGY/B'z
ヘイ・ジョー/ジミ・ヘンドリックス

■Perfect Seminar
ムダなく上達! 宮脇流スマート・トレーニング/宮脇俊郎
エレクトリック・スライド講座/住友俊洋
ホーム・リペアのテクニック/西村秀昭(G.T.O)
“nu jazz”アレンジで弾くソロ・ギター/小沼ようすけ
新版ジャズ・インプロヴィゼイション/高橋信博

■Products News

■New Products Review
GIBSON TAK MATSUMOTO LES PAUL TAK BURST
SUGI SH485
FENDER HIGHWAY 1 TELECASTER
ROCCAFORTE LEVANT SERIES HI-GAIN 100
PAUL REED SMITH SINGLECUT TREM 1st Q
BURNY RSA-120C
ESP MM-398 SKULLY VINTAGE
MXR M-151/DOUBLE SHOT DISTORTION,M-108/TEN BANDGRAPHIC EQ

■連載
ビンテージ・ギター・カフェ
みんなギターで大きくなった/後藤浩輝
吉野寿(イースタンユース)のヨノナカバカナノヨ
田渕ひさ子の成るなら鳴らねば