パソコン音楽制作のことを知ろう

歌や楽器をパソコンで多重録音しよう!

 ロックやポップスのバンドでも、クラシックのオーケストラでも、いくつかの楽器が同時に鳴ることで曲が構成されています。すべての楽器を同時に録音するなら、同じ場所と時間に、複数の演奏家が一斉に演奏することが不可欠です。一方で、パソコンで音楽を制作・録音する環境があれば、個別の楽器ごとに、後から「重ねて録音」する手法で、作り上げることができるのです! かつて、多重録音には非常に高価な機材が必要なこともありましたが、パソコンの性能が上がったことで個人レベルでもたくさんのトラックに何度も録音していくことが可能になりました。
 「Studio One Prime」という無料の音楽制作ソフトをパソコンに組み込むことで、家庭用のパソコンでも多重録音を楽しむことができます。
 この動画では楽器や歌を重ねて録音する手順を紹介します。

パソコンを使って録音した音の加工や編集をしよう!

 音楽を制作する際にも、パソコンならば一般的なワープロソフトにもある「カット」「コピー」「ペースト」などの機能を使い、文章を編集するのと同じ要領で、音楽のフレーズや音ひとつずつを編集することができます。例えば「歌」なら、曲の段落ごとや、小節ごとに分けて歌って、あとで1曲に繋げるということもできます!
 また、パソコン上で作った音には、「エフェクト」という機能を使うことで、録音・記録したものに、あらゆる「効果」を付け足すこともできます。カラオケの「エコー」のような効果をはじめ、もっと積極的に音を加工して、ユニークな音を作り出すこともできます。

練習をしないでもパソコンを使えば楽器の演奏を再現できる!

 楽器を上手に演奏するためには、時間をかけて練習しなければいけません。例えば「ドラム」の演奏を録音するには、自分で「ドラムセット」を準備し、練習して録音するか、あるいはドラムを叩ける人に頼まなければいけません。パソコンのソフトでは、「ドラム」の音色と演奏データを準備するだけで、ドラムの演奏を再現することができます。
 パソコンにソフトを組み込むことで、「内蔵シンセサイザー」を使うことができるようになります。シンセサイザーはいろいろな楽器の音をシミュレーションすることのできる機材です。かつて主流だったシンセサイザーは、実際に鍵盤のついたタイプで高価なものも数多くありました。現在はパソコンの性能が向上してきたため、パソコンのソフトで、従来のシンセサイザーをシミュレートしたものが一般的になっています。

パソコンがあれば誰でもバンマスや指揮者になれる!

 バンドやオーケストラのリーダーである「バンマス(バンドマスター)」や「指揮者」は、曲の構成や演奏に対する細かな工夫やアイディアを実現させることが大事な役割です。パソコンを使うと、事前にいろいろと試すことができます。いわば時間やお金の制約のない、お抱えの楽団を手にしたようなものです。
 クラシックの名曲・名演は数多くCDになっています。同じ曲でも、演奏者や指揮者によって表現が違っているからこそ、いろいろな録音のバリエーションを楽しめるのです。パソコンの中のお抱えのオーケストラを実際に指揮するように、テンポや強弱やバランスを個人の解釈で再現することができます。

作曲や編曲にパソコンでチャレンジしてみよう!

 ギターやピアノだけでも作曲は可能ですが、パソコンを使うことで、いろいろな楽器や音色、フレーズのアイディアが試せます。つまり「作曲」と「アレンジ」を並行して作業を進めていくようなイメージです。絵でいえば、下絵を描きながらも同時に色を塗ったり、作業を行ったり来たりできるようなものです。
 あらかじめパソコンソフトの中に用意された、ドラムのパターンや和音の素材などを並べて、なんとなく曲のイメージを持ってから、オリジナルのメロディーを重ねて作るという手順での曲作りも可能です。この場合、ドラムに関する専門知識や、和音の理論的な知識がなくてもイメージに近いものを選択していくことができるのです。

パソコンで作った曲を聴いてもらおう!

 パソコンで制作した楽曲は、すぐに「オーディオデータ」としてパソコンに保存できますので、CDに焼いたり、そのままインターネットを通じて知人にメールで添付して送信したり、動画配信サイトなどで公開することで大勢の人達に聴いてもらうことができます。
 パソコンを利用すれば、写真や動画と組み合わせた「ミュージックビデオ」を作ることもできます。「YouTube」や「ニコニコ動画」の人気サービスに投稿しておき、LINE、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークサービスで宣伝告知するのもよいでしょう。



 『できるゼロからはじめるパソコン音楽制作超入門』は、大きな図や写真を使って「パソコン音楽制作でできること」を詳しく解説しています。音楽の知識がほとんど無くても大丈夫。パソコンさえあれば、あなたも音楽を楽しく作ることができます。本の中身を少し紹介しますので、あわせてご覧ください。