ウクレレってどんな楽器

ウクレレの種類

 最も一般的なものはソプラノウクレレ、少し大きなものをコンサートウクレレ、さらに大きなものをテナーウクレレと言います。サイズが違えば音も違いますので、様々触ってみると良いでしょう。

ウクレレの弦

 ウクレレの一般的な弦はナイロン弦。その他、釣り糸などで使われているフロロカーボン弦、羊の腸に似せて作られたガットナイル弦などがあります。太さや色など、いろいろあるので好みで選んでいくと良いでしょう。

ウクレレのペグ

 ウクレレを買う時にまず注目してほしいポイントはヘッドに付いているパーツのペグ。ストレートペグ、ギアペグがあり、微調整ができるという意味では初心者にはギアペグが向いています。

ウクレレの構え方

 あとは力の入らない自然で疲れない持ち方をすることが重要です。ウクレレを持つ左手は、ナットの裏あたりに親指と人差指の水かき部分が当たるように持つのが基本です。押さえるコードや演奏内容によって親指の位置を変えていくのもポイントです。
 では、これらの基本を動画で見てみましょう!



 『できるゼロからはじめるウクレレ超入門』は、大きな図や写真を使って「ウクレレでできること」を詳しく解説しています。本の中身を少し紹介しますので、あわせてご覧ください。