「てぃんさぐぬ花」を弾いてみよう

「てぃんさぐぬ花」について

 定番と言える沖縄民謡が「てぃんさぐぬ花」です。“てぃんさぐ”とはホウセンカのことで、歌詞は“ホウセンカの花は爪先を染め、親の言うことは肝を染める”というような意味です。

動画を確認しよう

 特典DVDに収録している動画をここでご覧になってください(ネコは無関係です)。



 『できるゼロからはじめる三線超入門』は、大きな図や写真を使って「三線の弾き方」を詳しく解説しています。本の中身を少し紹介しますので、あわせてご覧ください。