弦を押さえる時のコツ

指の先端で押さえる

 まずは、指先で弦を押さえられることを目指しましょう。指先以外で弦を押さえると、かなりの力が必要になるからです。また、弦を押さえる時、力を込めないように気をつけましょう。余計な力が入っていると良い音が出ません。必要最小限の力で押さえるのが理想です。だた、力が弱すぎると音がなりませんので、弾いて確かめることが必要になります。

左手の親指の位置について

 コードを弾く場合、メロディを弾く場合など、フレーズによって親指の位置は変わってきます。代表的なのは、親指をネックに引っ掛けるパターン、その状態から親指を下げるパターンです。このように親指は縦に動かせるようにするとスムーズな演奏になります。



 『できるゼロからはじめるギター超入門』は、大きな図や写真を使って「ギターでできること」を詳しく解説しています。本の中身を少し紹介しますので、あわせてご覧ください。