リットーミュージック

DVD&CDでよくわかるシリーズ
楽器ミニ・セミナー

このセミナーはムック『DVD&CDでよくわかる! はじめてのエレキ・ギター』の内容を抜粋したものです。

1)ギターのチューニング方法 

各弦の音程を、決められた高さに合わせることを
“チューニング”と呼びます。

初めてギターを手にした時や弦を張り替えた時はもちろん、練習の前には毎回必ずチューニングをするようにしましょう。



各弦の音程

音名の呼び方画像

まずは各弦の開放弦の音を確認しましょう。開放弦の音とは、左手で弦を押さえずに鳴らした音のことです。またギターでは音程を“ド・レ・ミ・ファ……”ではなく、“C・D・E・F……”というアルファベットで呼のが一般的。チューニングを始める前に、下の図を見てチェックしておきましょう。

対応音源を聴く

弦のはり方
spacer

ペグを回して音程を調節!

チューニング方法には、チューナーを使ったり耳で合わせたりなどいろいろありますが、いずれの場合も、ペグを回して音程を上げ/下げしていきます。

ペグを“しまる”方向に回すと音が高くなり(音程が上がる)、“ゆるめる”方向に回すと音が低くなって(音程が下がる)いきます。ペグの軸に対して弦を巻いていく向きは決まっていて、例えばストラト・タイプならば6~1弦まですべて反時計回りに巻いていきます。

レス・ポール・タイプの場合

レス・ポール・タイプの場合

6~1弦までのペグが一列に並ぶストラト・タイプとは違い、レス・ポール・タイプのペグは6~4 弦、3~1弦と、ヘッドの左右半分に3つずつ分かれて並んでいます。6~4弦はストラトと同じく反時計回り、3~1弦は時計回りとなるので注意しましょう。

ペグ
spacer

チューナーにつなげる

チューナーにつなげる

チューナーを使うと、素早く正確かつ簡単にチューニングをすることができます。チューニングはいいギター演奏をするための大事な一歩。まずはギターをチューナーにつないでみましょう。

spacer

チューナーの使い方

チューナーの種類

チューナーのディスプレイには、アルファベットでの音名とともに、メーターなどによって音の高/低が表示されます。メーターは製品により針や液晶でのアイコン的なもの、またLEDの点灯式などがあり、いずれも目で見て直感的に音の高低が伝わるものになっています。

チューナーの見方

弦を1本鳴らし音程がジャストならば、針はディスプレイの中心で止まります。表示が右側にいった場合は音程が高過ぎる(シャープしている)ので、ペグを弦がゆるむ方向に回します。逆に左側に表示がいった場合は音程が低過ぎる(フラットしている)ので、ペグを弦がしまる方向に回しましょう。ペグは少し動かすだけでも音程が変わるので、ディスプレイを見てしっかりと合わせよう。

spacer

いざチューニング!

チューナーの見方

ギターをチューナーに接続してチューナーの見方をチェックしたら、いよいよチューニングです!
まずはギターを構えて最も手前にある一番太い弦=6弦から合わせていきましょう。

チューニングは最も太い6弦から、5弦、4 弦……と順に行なっていきます。仮に1本だけ音が合っていないように感じても、その弦だけではなく、6本すべての弦を確認しておきましょう。1弦まで合わせたらもう一度6弦から確認をし、合っていたらチューニングの完了です。

チューナーの見方

▲6弦(E)→5弦(A)→4 弦(D)→3 弦(G)→2 弦(B)→1弦(E)の順番で音程を合わせていき、1弦まで終わったらもう一度くり返して確認すれば完璧!

正確なチューニングのコツ~チューニングは“しめる方向で”!

正確なチューニングのコツ

音程が低ければペグをしめて音を上げ、高ければペグをゆるめて音を下げるのが基本動作となります。ですがゆるめた時そのゆるみ方にムラが生じ、音程が不安定になってしまうことがあります。そこで上がりすぎた場合は一旦合わせたい音よりも下げて、しめる方向(上げていく方向)から合わせていくと、より正確で安定した状態にチューニングすることができるんですよ。

このセミナーはムック『DVD&CDでよくわかる! はじめてのソロ・ギター』の内容を抜粋したものです。
より幅広い知識を得たい方は、ぜひ本書をごらんください。

spacer

TOPへ