リットーミュージック

DVD&CDでよくわかるシリーズ
楽器ミニ・セミナー

このセミナーはムック『DVD&CDでよくわかる! はじめてのアコースティック・ギター』の内容を抜粋したものです。

1)ギターのチューニング方法

“チューニング”とは、各弦の音程を決められた高さに合わせることです。 チューニングは一度合わせてしまえばあとはずっとOK、というものではありません。 弦を張り替えた時はもちろん、練習の前には毎回必ずチューニングをするようにしましょう。



各弦の音程

まずは各弦の開放弦の音名を確認しましょう。開放弦の音とは、左手では何も押さえない状態で鳴らした音のことです。またギターでは音程を“ド・レ・ミ・ファ~”ではなく、“C・D・E・F~”とアルファベットで呼ぶのが一般的。チューニングを始める前に、図を見て各開放弦の音と呼称を確認しておきましょう。

音名の呼び方画像 弦のはり方
spacer

ペグを回して音程を調節!

各弦を任意の音程に合わせていくチューニングは、チューナーを使ったり、耳でピッチ(音程)を確認して合わせるなどいろいろな方法がありますが、いずれの場合も、ペグを回して音程を上げ/下げしていきます。

ペグ1
●ペグの動きと音程の変化

ペグは“しめる”方向に回すと音が高くなり(音程が上がり)、“ゆるめる”方向に回すと音が低くなって(音程が下がって)いきます。


ペグ2
●1~3弦は逆回しになるので注意!

ペグの軸に対し弦を巻いていく向きは決まっていて、ヘッドを正面から見た場合、4~6弦は反時計回り、1~3弦は時計回りになります。いずれも内側から外側に巻いていく要領です。またペグをしめる時も、ギターを構えた状態で4~6弦は反時計回り、1~3弦は時計回りとなります。

spacer

チューナーを使おう!

チューナーにつなげる

チューニングはチューナーを使うと、素早く簡単に、かつ正確に行なうことができます。いいギター演奏をするためにも、しっかりとしたチューニングは欠かせません!生ギターの場合、チューナーをコードでつなぐことができないので、実際に鳴らした音をチューナーのマイク部分で拾い、チューニングを行ないましょう。

spacer

チューナーの使い方

チューナーは、各メーカーからさまざまなタイプが発売されています。モデルによって表示の仕方や+αの機能などに違いはありますが、基本的な操作はほとんど同じで、いずれも簡単に扱えるものばかりです。

●チューナーの種類

チューナーにはケーブルや内蔵したマイクで音を拾うタイプと、ヘッドに付けてギター自体の振動から音程を感知するクリップ式のタイプがあります。また、ディスプレイにもいくつかバリエーションがあり、針や液晶でのアイコン的なもの(写真)、またLEDの点灯式など、いずれも直感的に音の高低がわかるようになっています。

チューナーの種類
●チューナーの見方
チューナーの見方

チューナーのディスプレイには、現在鳴っている音に近い音階(アルファベット)と、その音が正しい音階と比べ高いか/低いかという状況が表示されます。
チューナーを使ったチューニングでは、弦を1本ずつ鳴らして音程を確認していきます。鳴らした弦の音程がジャストならば、針はディスプレイの中心で止まります(正しい音程はP.12で再確認しておこう)。針が右側にいった場合は音程が高過ぎる(#/シャープしている)ので、ペグをゆるめる方向に回します。逆に左側にいった場合は音程が低過ぎる(♭/フラットしている)ので、ペグをしめる方向に回します。音程はペグを少し回しただけでも変わってしまい、どちらかに行きすぎてしまうこともありますが、ディスプレイを見てゆっくりと合わせていきましょう。

spacer

チューニングをしよう!

ギターの前にチューナーを置いたら(クリップ式ならばヘッドに装着)、いよいよチューニングです! まずはギターを構えて最も手前にある6弦(一番太い弦)から合わせていきましょう。

チューナーの見方

チューニングは6弦から5弦、4弦~と順に行なっていきます。もし1本だけ合ってないように感じても、その弦だけではなく、すべての弦を確認するようにしましょう。

チューナーの見方

▲6弦→5弦→4弦→3弦→2弦→1弦の順番で音程を合わせていき、1弦まで終ったらもう一度同じ行程をくり返しておこう。2回以上確認すれば、チューニングは完璧!

チューニングを正確に仕上げるコツ~“しめる方向”で合わせよう!

正確なチューニングのコツ

チューニングは音程が低ければペグをしめて音を上げ、高ければゆるめて音を下げます……が、ペグをゆるめた際にムラが生じ、音程が不安定になってしまうこともあるのです。そこで音程が高かった場合には、いったん合わせたい音よりも下げて、しめる動き(上げる方向)で合わせていくと、音程をより正確で安定した状態にすることができます。

このセミナーはムック『DVD&CDでよくわかる! はじめてのアコースティック・ギター』の内容を抜粋したものです。
より幅広い知識を得たい方は、ぜひ本書をごらんください。
spacer

TOPへ