立東舎文庫

手塚治虫小説集成

972(本体900円+税)

品種書籍
著者手塚 治虫(著)
仕様A6判 / 480ページ
発売日2016.07.20
ISBN9784845628223
用途・商品・シリーズ別

紙の本を買う

内容

マンガの神様は小説の名手でもあった!

SF、ミステリからスリラーにファンタジーまで。マンガの神様・手塚治虫が、ストーリーテラーとしての手腕を遺憾なく発揮した「小説」の数々をこの一冊に集約。執筆時期は1943年から86年と長期に渡り、本書によって手塚治虫がいかに情熱を込めて「小説」を執筆していたかがわかる趣向だ。私立探偵の鳳俊介が活躍するSFジュブナイル「蟻人境」や、意外な結末が用意されたショートショート「ハッピーモルモット」、"あの世"で暮らす家族を描いた「あの世のおわり」、さらには絵物語「羽と星くず」、おなじみヒョウタンツギをメインに据えた「妖蕈譚」などなど、文庫初収録作品を含む全18編で編んだ決定版!
カバーイラストレーション&デザイン:宇野亞喜良

【CONTENTS】
■踊り出す首
■蟻人境
■姿なき怪事件
■日本一のおばけ屋敷
■毒殺物語
■不条理スリラーなるもの 治虫夜話 第一夜
■舞台上のスリラー 治虫夜話 第二夜
■ハガキの怪談
■羽と星くず
■ハッピーモルモット
■傍のあいつ
■ガリバー旅行記
■七日目
■あの世の終り
■おたふく
■白い胞子
■ナスカは宇宙人基地ではない
■妖蕈譚

解題 濱田高志

著者プロフィール