ともともと遊ぼう! ガラクタえんそう会

1,836(本体1,700円+税)

品種ムック
著者山口 とも(著)
仕様A4判 / 48ページ / DVD付き
発売日2006.12.04
ISBN9784845613731

紙の本を買う

内容

ともともがお家にやってくる! 親子でも遊べるDVD付き!

NHK教育「ドレミノテレビ」でおなじみ"ともとも"こと山口ともさんをインストラクターに迎え、こどものための音楽遊びを紹介。DVDビデオ(50分収録)が付いていて、お家で"ともとも"と遊んでいるような感覚で楽しめます。身近なものを使った楽器で"ともとも"と演奏すれば、音への感受性が自然に養われることでしょう。また、書籍では自作楽器の作り方や演奏上の注意などを解説。ぜひ、お子さんとご一緒に演奏やもの作りを楽しんでください。なお本書は、山口ともさんのテーマである"ガラクタ音楽"を紹介しているため、食器や空き缶などを楽器として使用します。ご家庭の教育方針にそぐわないと思われる場合があるかもしれません。でも、音はきれいです!

【CONTENTS】
■がらくたえんそう(DVD連動)
1.お家の中は楽器でいっぱい!
 しんぶんぶん
 しょっきんきん
 タッパッパー
 フライパンパン
 あきカンカン
 まぜこぜドンカン
2.自分だけの楽器を鳴らそう!
 水どうです管
 キー風鈴
 フィルム鳥
 なんでも琴
 ペッカー
 まぜこぜキンカン
3.合奏しようよ!
 ペッカーとたたくもので、ともともと合奏

■ともともの秘密基地探検(アトリエ紹介)

■なぞの一斗缶男を追え!

■ともともストレッチ

■ともともインタビュー

■保護者の方へ


【山口とも プロフィール】
祖父、山口保治は「かわいい魚屋さん」「ないしょないしょ」など数々の童謡を創った作曲家。父、山口浩一〔新日本フィルハーモニー/ティンパニー名誉首席奏者〕の長男として東京に生まれる。

つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。1980年「つのだ☆ひろとJAP'S GAP'S」でデビュー。解散後、フリーのパーカッショニストとして中山美穂・今井美樹・平井堅・石井竜也・サーカスなど、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。

1995年の音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに、廃品から様々なオリジナル楽器を作るようになる。おおたか静流とのスピリチュアルなライブパフォーマンスやロックの中山ラビ、アヴァンギャルドジャズの三宅純等活動の場を広め、2004年には日本演芸協会の福岡詩二氏から"打楽器コメディアン" の称号をもらい、浅草東洋館にゲスト出演をし好評を博した。

「音楽=音を楽しむこと」をモットーに近年は、子供から大人まで楽しめる音楽を目指し、オリジナル廃品楽器を使ったパフォーマンス活動をし注目を浴びている。ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。2003年4月から2006年3月までNHK教育テレビ「ドレミノテレビ」に"ともとも"の愛称でレギュラー出演。


【保護者の方へ~山口ともよりメッセージ~】
この本とDVDでは、ふだん"たたいてはいけない"とされているものを楽器として使っているので、戸惑われる方も多いでしょう。確かに食器やフライパンなどをたたくのはお行儀の良いことではありませんし、場合によってはお子さんが食器をたたいて壊してしまうこともあるかもしれません。ですから、ご家庭の教育方針に合わないようでしたら、この本やDVDをお子さんに見せるのはおやめください。

でも、もし「ちょっと面白そう」と思っていただけたなら、ぜひお子さんと一緒に、身の回りのもので演奏し、自作楽器も作っていただきたいと思います。

雑音と思えばすべて雑音になってしまいますし、きれいな響きだなと思えれば、それは音楽の始まりです。そして重要なのは、食器なら食器をたたくときの心の持ちようだと思うのです。食器やフライパンをたたくとき、多くのお子さんは「うわー面白い!」という感じで、どうしても発散系の演奏になってしまいがちです。でも、そこで「うるさいわね!」とならずに、どういう気持ちでたたけばよい音が出て、きれいな響きになるかを優しく教えてあげてほしいのです。そのためにも、大人の方々もぜひ一緒に、DVDに合わせて演奏を楽しんでほしいと思うのです。(山口とも「保護者の方へ」より)

WINDOWを閉じる

著者プロフィール