商品紹介

楽譜

PIANO STYLE Presents

スムース・ピアノ・ソング・ブック

ピアノでらくらく、自動伴奏機能付きピアノならもっとらくらく弾ける

著者 斉藤 修
定価 2,376 円(本体2,200円+税)
仕様

K4判/64ページ/CD付き

発売日
ISBN 9784845614882
JAN 4958537111422
タグ ピアノ入門
  • CD付き
  • 試聴

試聴コーナー

各トラックに「ピアノ・ソロ模範演奏」と「自動伴奏付き模範演奏」が20秒づつ収録されています。 (各曲途中でフェードイン/フェードアウトしています)


※各サウンドは、試聴用に圧縮・エンコードされておりますので、実際の付録CD音源より音質が劣化しています。
こちらの動画をご覧頂くには、最新のAdobeFlashPlayerが必要です。
AdobeFlashPlayerダウンロードページへ

内容

はじめての人でもびっくりするほど楽しく簡単に弾けるピアノスコアができました!

弾きやすい! 覚えやすい! 無理しない! をテーマにアレンジされた完全初級者向けピアノスコアの登場です。そのポイントは、[1]音符のインターバルは基本的に1オクターブ以内(ほら弾きやすい!) [2]キーはC、つまり基本的に白鍵しか出ててこない(ほら覚えやすい!) [3]省略してもいい音符についてはグレーアウト表示(ほら無理しない!)の3つ。自動伴奏機能付きデジタルピアノ専用パート譜も用意していますから、まったくの初心者でも簡単にアンサンブル演奏を楽しむことができます。また付属CDには、自動伴奏機能付き模範演奏とピアノだけの模範演奏と2種類ずつ収録しました。収録曲は、洋楽系邦楽系を合わせた14曲。弾いていて気持ちのよい、ミドル・テンポからスロー・バラードの名曲ばかりです。

【収録曲】
Imagine(ジョン・レノン)
Endless Love(ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー)
All By Myself(エリック・カルメン)
Without You(バッドフィンガー)
Tonight I Celebrate My Love(ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック)
Just Once(ジェイムス・イングラム)
You Can Have Me Anytime(ボズ・スキャッグス)
千の風になって(秋川雅史)
赤いスイートピー(松田聖子)
I Love You(尾崎豊)
人魚(NOKKO)
ひとり(中島美嘉)
瞳をとじて(平井堅)
Everything(MISIA)

著者 プロフィール

斉藤 修(さいとう おさむ)

鍵盤弾き/作編曲家。学生時代よりプロのキーボード弾きとして仕事を開始。その後アレンジや作曲、CM、劇伴などを担当。音楽関係の原稿執筆も多い。著書『なんちゃってジャズ・ピアノ』『なんちゃってジャズ・ピアノ らくらく実践編』『やっぱりJAZZが弾きたい!』(弊社刊)が大ヒット中。
◎公式ホームページ→http://www.setagayasounds.com

編集担当より
ひとこと

そもそも『SMOOTH PIANO SONG BOOK』の企画は、バイエル挫折組である私自身のために考えたようなものなんですよ。もちろんこれまでにも初心者向けの簡単なピアノスコアは自社他社含めていろいろ出ているんですが、どれもみんなアレンジ的にシンプルすぎるというか、オリジナルの雰囲気からずいぶん離れてしまっていて、なんか童謡みたいに聞こえてしまうものが多く、それが“個人的”に不満だったんです。そんなこんなで、“簡単なんだけど、弾いていて十分に気分にひたれる”“他人に聞かせたとき、「おお!やるじゃん」と思わせることができる”……そんなアレンジのスコアができないものかと、あれこれ考えていたときに浮かんだのが斉藤修さんの顔。斎藤さんとはかれこれ20年近いお付き合いですし、何と言っても今や大ヒット『なんちゃって』シリーズの巨匠ですから、人選的にはバッチリ。早速連絡を取り執筆&アレンジをお願いすると、斎藤さんも従来の初心者向けピアノスコアのアレンジには私同様の印象を持っていたとのことで、「いいね、やろうやろう」と即座に快諾してくださいました。また、最近のデジタルピアノ・ユーザーの増加も踏まえて、自動伴奏機能を活かした譜面を付けたら面白いのではないかというアイディアを、Priviaなどでおなじみのカシオ計算機さんに相談したところ「そういうことなら、最新機種であるPX-320をお貸ししましょう」という願ってもないご返事をいただき、まだ試作段階で数少ない同機を優先的にお借りすることができました。このほかにも『SMOOTH PIANO SONG BOOK』には、表紙イラストの丹地陽子さんをはじめ、この企画に関係した人たちそれぞれの、“ピアノを演奏する楽しさをできるだけ多くのみなさんに伝えたい”という気持ちが詰まっています。おかげでバイエルは途中で投げ出した私ですが、今回は最後まで弾けてます。「Just Once」とか「You Can Have Me Anytime」とか、弾いててホントに気持ちいい~。(編集担当/雉寅)
カテゴリ ピアノ・シンセ・キーボード > 初心者・入門・基礎
ピアノ・シンセ・キーボード > 楽譜・スコア・曲集