商品紹介

楽譜

Keyboard magazine Presents

はじめてのジャズ・ピアノ・トリオ カラオケCD強化編

1人でも楽しめる☆名スタンダード・ナンバー30

著者 宮前 幸弘
定価 3,240 円(本体3,000円+税)
仕様

K4変型判/176ページ/CD×2付き

発売日
ISBN 9784845610211
JAN 4958537108927
タグ はじめてのジャズ
  • CD付き
  • 試聴

試聴コーナー


※各サウンドは、試聴用に圧縮・エンコードされておりますので、実際の付録CD音源より音質が劣化しています。
こちらの動画をご覧頂くには、最新のAdobeFlashPlayerが必要です。
AdobeFlashPlayerダウンロードページへ

内容

トリオ気分で習得できる、実践型のジャズ・ピアノ教則本

キーボード・マガジン連載セミナーから生まれた既刊『はじめてのジャズ・ピアノ・トリオ』の続編が登場。今回は、“マイナス・ワンCDの曲数を増やしてほしい”という要望に応え、Part1&3で取り上げる課題曲を20曲に増やしました。この付録CDを使えば、プロとのセッションを楽しみながら、ラクしてカッコよくジャズがマスターできます。また、INTRODUCTIONでは、ジャズ・バンドやセッションで使われる“リード譜”(Part2で紹介)にスポットを当て、楽譜を手にしてからトリオでの演奏が始まるまでの流れと、音楽を生み出す方法などを伝授します。ひとりでも、アドリブができるようになるヒントがぎっしり詰まった、まさに実践型のピアノ教則本です。

◎本書の特徴
・小難しいジャズ理論を極力省き、弾く楽しさを重視した初心者向け
・ジャズ本来の演奏法の“リード譜”を見ただけでアドリブができるようになる
・プロのカラオケ演奏に合わせて自分なりのアドリブが楽しめる、付録CD付き

◎CD収録内容
・プロの気持ち良いグルーブにノって、気軽にアドリブが楽しめるカラオケ20曲を収録
・著者による模範演奏も20曲収録
・「ソロの流れの作り方」を考えるための練習曲

【CONTENTS】

■INTRODUCTION
実演!ジャズの楽譜を手にしてからピアノ・トリオの演奏が始まるまで

・リード譜ってどう使うの?
・右手でテーマを弾く、左手でコードを付ける
・いろいろな編成で楽しむ

■Part1 ピアノ・トリオで演奏しよう!
20曲の名スタンダード・ナンバーが課題曲。
リード譜+付録CDのカラオケに合わせて、ジャズ・ピアノの演奏にトライ!
各ページのミニ・セミナーで、ジャズ理論の基本も少しずつ学べます。

【収録曲】
・セント・トーマス ~コードやスケールの音だけでアドリブする
・朝日のようにさわやかに ~ジャズっぽく、メロディをフェイクする
・ゼア・ウィル・ネウァー・ビー・アナザー・ユー ~復習☆ツー・ファイブ
・ソング・フォー・マイ・ファザー ~ファンキー・ジャズを喰らう
・サンタが街にやってくる ~“テンション”それはジャジーな響きのキモ
・帰ってくれたらうれしいわ ~ベース&ドラムとのアンサンブルを楽しむ
・星に願いを ~続、ジャズ・ワルツにチャレンジ!
・フライ・ミー・トゥ-・ザ・ムーン ~続、ボサ・ノヴァだって弾ける!
・ラウンド・ミッドナイト ~続、シックにジャズ・バラードを
・テイク・ファイブ ~5拍子の名曲に挑戦!
・オレオ ~循環コード入門
・グリーン・ドルフィン・ストリート ~ちょっと弾きにくそうなコード進行を攻略
・ハウ・インセンシティヴ ~ボサ・ノヴァの曲も、スケールの音を使ってアドリブ
・バイ・バイ・ブラック・バード ~7thコード攻略法その1 MixoとHmP5↓
・オール・ザ・シングス・ユー・アー ~7thコード攻略法その2 AltとLyd7th
・チュニジアの夜 ~7thコード攻略法その3 ComDimとW.T.
・コンファメーション ~複雑なバップ・チューンだって弾けるはず!
・ソ-・ホワット ~モード・ジャズにも入門 
・マイ・フェイバリット・シングス ~モーダルに、ジャズ・ワルツを弾こう
・処女航海 ~ハービー・ハンコックの名曲に挑戦その2

■Part2 もっと!ジャズ・スタンダードを弾こう
数あるジャズの名曲から、特に人気の10曲をセレクト。
リード譜+ベース譜+リズム譜を参考に、簡単なカラオケを作れれば、Part1と同じような感覚で楽しめます。

【収録曲】
・黒いオルフェ
・コルコバード
・ドナ・リー
・ジャズト・フレンズ
・マイルストーンズ
・夜も昼も
・虹の彼方へ
・星影のステラ
・二人でお茶を
・ワルツ・フォー・デビー

■PART3 お手本を聴く!見る!弾く!
プロのお手本演奏を付録CDとフル・スコアで確認(PART1に完全対応!)
初心者でも演奏しやすく耳コピしやすいフレーズが多いので、ぜひ参考にしてください。

■INTERLUDE 練習曲を聴いて考えよう!
ソロの流れの作り方

■巻末付録 もっと!もっと!ジャズ・ピアノ・トリオ
アドリブのヒント集
・習うより慣れろ
・ストック・フレーズのススメ
・左手のコツ

著者 プロフィール

宮前 幸弘(みやまえ さちひろ)

ジャズ・ピアニスト。東京音楽大学在学中に早稲田大学のサークル、モダン・ジャズ研究会でスウィング・アンド・ジャズ・クラブでジャズに開眼(南博、大口純一郎に師事)。卒業とともにプロ活動を開始し、現在は東京近郊のライブ・ハウスを中心に活動している。「ジャンルにこだわらず、面白いことは全部やる」がモットーだが、「機械オンチ」ということで基本的にはアコースティック系オンリー。CDデビューは、1998年に若手ジャズ・ミュージシャンを集めてレコーディングされたアルバム『ジャズ新鮮組』(キング:KICJ-354)で、2001年末にはギタリスト天野丘との双頭リーダー・バンド天宮(てんきゅう)のデビュー・アルバム『ファースト』を発表した。2003年末現在は横浜ジャム音楽院などで、ジャズ・ピアノの指導にも当たっている。

カテゴリ ピアノ・シンセ・キーボード > ジャズピアノ
ピアノ・シンセ・キーボード > 楽譜・スコア・曲集