ウクレレのドレミファソラシド

ドレミファはどこにある?

 ウクレレは3弦の何も押さえない音(開放弦の音)がドです。そこから2フレット先、2フレット先、その隣のフレットという順番で弾くとドレミファになります。何も押さえない音、1フレット飛ばして2フレット、また1フレット飛ばして4フレット、飛ばさない5フレットです。「押さえない、飛ぶ、飛ぶ、飛ばない」と覚えると良いでしょう。

ソラシドはどこにある?

 4弦の押さえない音がソです。この4弦を「押さえない、飛ぶ、飛ぶ、飛ばない」で弾くとソラシドになるのでわかりやすいですね。また、1弦の3フレットを押さえた音はドになっていて、そこから「3フレット、飛ぶ、飛ぶ、飛ばない」と弾いてもドレミファになります。そして、2弦の3フレットを押さえた音がソです。ここも「3フレット、飛ぶ、飛ぶ、飛ばない」と弾けばソラシドになります。これらを組み合わせていくとドレミファソラシドが弾けます。ポイントはミファとシドの時は「飛ばない」ということです。
 実際に「飛ぶ、飛ぶ、飛ばない」という覚え方を動画で見てみてください。



 ウクレレのドレミファソラシドを覚えたら、『できるゼロからはじめるウクレレ超入門』を使ってメロディを色々と弾いてみましょう。「かっこう」や「ふるさと」など、誰でも知っている簡単な楽曲を使って練習することができます。五線譜がわからなくても大丈夫。ウクレレの形状に合わせたタブ譜で弾くことができますので、ゆっくりじっくり簡単にウクレレが弾けるようになります!