譜面の基礎を学ぼう

タブ譜の読み方

 ギターにはタブ譜という便利な譜面があります。五線譜が苦手な人はこのタブ譜を見ながら弾くと良いでしょう。タブ譜の横線はギターの弦を示していて、一番上が1弦、一番下が6弦となります。そしてタブ譜に書かれている数字はフレットを表わしています。例えば、5弦の線に3と書かれていれば、5弦3フレットを押さえるという意味になります。また、タブ譜の下にはピッキング記号が書かれている場合があります。これを見れば、ダウンピッキングで弾くかアップピッキングで弾くかがわかります。同様に、運指の指定も示されている場合もあります。例えば、「人」と書かれていれば人差指で押さえるわけです。なお、五線譜の上に書かれているアルファベットはコードネームになります。

コードダイアグラムの読み方

 コードダイアグラムはコードを弾く時に持ちられることのある便利な図です。タブ譜と同様、一番上が1弦、一番下が6弦となります。ダイアグラムの中に「人」などの文字が書かれている場合があり、これは押さえる指の指定です。×印は鳴らさない弦の指定です。6弦のところに×印が付いていたら6弦は鳴らしません。

ドレミ表記とアルファベット表記の関係

 ドレミ表記はイタリア語なので、ポピュラーミュージックで使うことは稀です。代わりにアルファベット表記が使われます。ドレミファソラシド=CDEFGABCということを覚えてしまいましょう。



 『できるゼロからはじめるギター超入門』は、大きな図や写真を使って「ギターでできること」を詳しく解説しています。本の中身を少し紹介しますので、あわせてご覧ください。