ギターでできることを知ろう

ダウンストロークについて

 ギターを持ったら、右手の親指を使って弦をポロロ〜ンと弾いてみましょう。これが最も簡単な弾き方ですが、指で弾く重要な弾き方でもあります。フィンガーピッキングと呼ばれ、弾き方は本ページの後半で詳しく紹介します。まずはピックを持って弦をはじいてみましょう。弦をはじく時、複数の弦を弾くことをストロークと言います。ここでは下方向に弦をはじくダウンストロークをやってみましょう。

アップストロークについて

 先ほどのダウンストロークは下方向に向けて弦をはじきましたが、ここでは下から上にピックを動かす「アップストローク」に挑戦します。1弦から6弦に向かって弾くので、1弦の下あたりで右手を構えます。その後、上方向に向かって弾いて、自然な感じで右手を止めます。このとき、自分の顔に右手が近づくようなイメージを持つと良いでしょう。

ダウンストロークとアップストロークを交互に弾く

 下方向に弦をはじくダウンストロークと上方向に弦をはじくアップストロークを交互に行ない、ジャカジャカと連続的に弾けるようにしましょう。これは、ギターの専門用語で「オルタネイトストローク」と言います。手首の回転を使って、ウチワを扇ぐような動作を意識してください。ギターで必ず使う弾き方なので、ぜひともマスターしましょう。

弾き方によるサウンドの違いを知ろう(フィンガーピッキング)

 ピックを使って弾くのがアコースティック・ギターの基本ですが、全て手だけで演奏できてしまうのもアコギの魅力です。ピックを使うと音が大きくなりがちですが、自宅での演奏であれば親指や人差し指で演奏するのもオススメです。親指で弾く際は、側面を使って弦をはじき親指と弦が平行になるようにしましょう。人差し指の使い方は動画の後半をご覧ください。

アルペジオについて

 アルペジオは、左手でコードを押さえておき、右手で弦を1本ずつ弾く奏法です。徐々に弦の響きが重なってコードの響きになる奏法で、コードを一気に弾くのではなくバラして弾くものです。これも基本的なギターの弾き方ですので、是非覚えましょう。ピックと指のどちらで演奏しても構いません。動画では両方の弾き方を紹介していきます。

ソロギターとは?

 ソロギターはアコースティックギター独特の演奏法で、ギター1本でリズムパート、ベースパート、メロディパートをプレイする奏法です。ソロギターまで弾けるようになると自宅で1人でも楽曲演奏でき、アコギの魅力を味わうことができるようになってきます。あなたも『できるゼロからはじめるギター超入門』で是非アコースティックギターを楽しみましょう!



 『できるゼロからはじめるギター超入門』は、大きな図や写真を使って「ギターでできること」を詳しく解説しています。本の中身を少し紹介しますので、あわせてご覧ください。