商品紹介

雑誌

ギター・マガジン 2016年9月号

定価 823円(本体762円+税)
仕様

A4変型判/210ページ

発売日

『ギター・マガジン 2016年9月号』のアンケートに回答する
・アンケートの回答にはリットーミュージック会員ログインが必要です。
・リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら
内容

表紙:ナショナル グレンウッド95

■Special Program
弾きたいビザール
“感染者”続出、その魅力を再考。

弾き手のことを考えてなさそうな奇抜なボディ・シェイプ、大量に取り付けられた謎のスイッチとコントロール・ツマミ、観る者を釘付けにする独創的なサウンド……突き抜けた個性で唯一無二の魅力を振りまいているのが、“ビザール・ギター”と呼ばれるギターたちだ。
妙に毒々しく、どこかグラマラスで、何よりも愛らしい一風変わったオリジナリティを持つビザール・ギターは、全世界がエレキ・ブームに沸いた1950~60年代に大量に生産された。
テスコ、グヤトーンを中心に世界を席巻した日本勢、エアライン、ナショナル、ダンエレクトロ、ケイといったビザールの王道を行く米国勢、EKO、VOX、ハグストロム、バーンズを始めとする個性派の欧州勢……今もなお強烈な存在感で世のギタリストたちを魅了し続けている。
そして現在、その特異な魅力に“感染”するギタリストが増えているという。求める声に呼応するように、楽器店の一角にビザール・ギターを集めた特設コーナーが設置されたり、専門に取り扱う楽器店も出現しているそうだ。
ビザールはなぜ我々の心をこんなにもかき乱すのだろうか? 今回、この不思議なギターたちの魅力を再考してみたい。“ありきたりなギターには満足できない”プレイヤーのために、全70ページという保存版の内容で“弾きたいビザール”の特集をお届けしよう。

■Chapter01
The Story of Bizarre Guitarists~ビザールを愛したギタリストたち

60年代から今に至るまで生き残った“奇妙なギターたち”のサバイバル・ストーリーであり、それに魅せられて抜け出せないギタリストたちの業についての物語を紹介しよう。

ハンク・マーヴィン、ライ・クーダー、ロリー・ギャラガー、ハウンドドッグ・テイラー、セイント・ヴィンセント、ザ・シャッグス、ジャック・ホワイト、田端義夫、井上宗孝、Char……and more!

■Chapter02
My Dear Bizarre Guitar
音楽シーンの第一線で活躍しているギタリストたちの使用しているビザール・ギターの数々を紹介! 愛してやまないポイントや、鳴らすコツなども語ってもらった。

◎長岡亮介(ペトロールズ) Goya R80
◎坂本慎太郎 Silvertone Jupiter
◎安部勇磨(never young beach) Guyatone LG-65T
◎秋廣真一郎(川上つよしと彼のムードメイカーズ/Speak No Evil) Guyatone LG-350T
◎アベフトシ(TMGE) Burns Sprit Sonic
◎チバユウスケ(TMGE) Eko 820-4V

■Chapter03
“弾きたい”ビザール・ギターたち

MICRO-FRETS/WURITZER/BROADWAY/MAGNATONE/PREMIER/EKO/NATIONAL/HOFNER/GUYATONE/

■Chapter04
銘器テスコ製スペクトラム5を大分解!

国産ビザールの最高峰と称されるテスコの最上級モデル、スペクトラム5をパーツ単位まで大分解!! こだわりの構造やパーツなどをじっくりと観察してほしい。

■Chapter05
最新ビザール・ギター・カタログ2016

個性的なルックスや機能でギタリストを魅了するビザール・ギター。しかし、古い個体が多いために、実際に入手しようとするとコンディションが悪く弾き辛かったり、現代的なサウンドにマッチしなかったり、数が少なくて目当てのモノが見つからない……といった悩みがあるのも事実。そこで、新潟の楽器店あぽろんが取り扱うEASTWOODを中心に、現代の音楽シーンでも“使える”ようリファインされた現行ビザールを紹介していこう。

■Chapter06
ビザール・ギター徹底考察

ビザールといえば、見た目だけが取り柄の単なる粗悪品と勘違いしてはいないだろうか? そんなことはない! とんでもない独創性を持ったビザールたちのキラリと光る発明を考察していこう。加えて、ビザール・ギターに光を当てたキーマンのインタビュー、名盤ディスク紹介、ビザールの音を生み出すパーツ研究などをとおし、ビザール愛を深めてもらいたい。

■Chapter07
ビザール・ギターの名付け親

93年、ビザールが一部の好事家のひそかな楽しみでしかなかった時代に『60s BIZARRE GUITARS』(小社刊)を作った本誌元編集長の野口広之(ギター・マガジン編集人)。歴史の陰に埋もれていたギターたちに光を当て、それらに“ビザール・ギター”という名をつけた張本人である。この特集の最重要人物は、実は半径5メートル内にいたのだ! ビザールを愛する理由、その栄光から存亡の歴史までざっくばらんに語ってもらった。

■Guitar Magazine × Fender
スペシャル・テレキャスター“マンハッタン”の実力をチェック!

■独占速報! Ken(L'Arc~en~Ciel)のニュー・ギター“Paisley Fantasy”を直撃!

■GM WORKSHOP
高田漣のスライド・シネマ・パラダイス
~ボトルネックで楽しむ映画音楽の世界

■Duran
Walking with NEO BLUESMAN
~ブルース・ギター超絶アレンジ講座

■The Axis’ Gear
◎BUMP OF CHICKEN
◎SEKAI NO OWARI

■Interview&Gear
◎坂本慎太郎
◎三輪テツヤ(スピッツ)
◎ラリー・カールトン

■Interview
◎マイク・スターン
◎韻シスト
◎MUSIC FROM THE MARS
◎マイケル・シェンカー
◎DIR EN GREY

■ビンテージ・エフェクター・カフェ
Maestro Echoplex EP-2

■GM SELECTIONS
◎「ロビンソン」スピッツ
◎「ブラジル」ジェフ&マリア・マルダー

■連載
◎トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
◎ジャキーン!~ 『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編(長田悠幸×町田一八 )
◎吉野寿(イースタンユース)のヨノナカバカナノヨ

■プロ・ギタリストが実力をチェック! BOSS 技 WAZA CRAFT
第2回:牛尾健太(おとぎ話) meets SD-1W
■Musicians Institute Japan誌ギター・クリニック
■THE DEEP AND DOPE ~今最もイカすペダル・ブランドたち
 Vol.5:Catalinbread
■TACHIKOMA GT 日本のカルチャーと匠の技術が融合! 世界に誇るこだわりのギター
■John Page Classic 伝統とモダンの融合
■Supro~伝説の老舗ブランドから初のエフェクターが登場!
■ギタリスト全方位型イベント“GUITAR FESTA 2016”が開催!

■New Products Review
◎GIBSON CUSTOM/TAK MATSUMOTO 1959 LES PAUL TAK MATSUMOTO BURST AGED
◎FENDER CUSTOM SHOP/LIMITED COLLECTION 1967 CLOSET CLASSIC SMUGGLER’S TELECASTER
◎GRETSCH/G6122T-62 VS VINTAGE SELECT EDITION ’62 CHET ATKINS COUNTRY GENTLEMAN
◎WESTVILLE/VANGUARD PLUS DOUBLE CUTAWAY
◎G-LIFE/DSG LIFE-ASH
◎YAMAHA/RSP20CR
◎COLLINGS/360LT M
◎BOSS/CE-2W
◎DIEZEL/PAUL
◎BEETRONICS/OCTAHIVE