商品紹介

雑誌

ギター・マガジン 2015年9月号

定価 823円(本体762円+税)
仕様

A4変型判/243ページ

発売日

『ギター・マガジン 2015年9月号』のアンケートに回答する
・アンケートの回答にはリットーミュージック会員ログインが必要です。
・リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら
内容

表紙 長岡亮介(ペトロールズ)

■Featured Guitarists
長岡亮介(ペトロールズ)
薫る旋律

カントリーやブルーグラスをルーツに持ち、他のギタリストとは一線を画す卓越したテクニックとユニークな音使いで楽曲に華を添える神出鬼没のギタリスト、長岡亮介。東京事変の浮雲としても活躍した彼が、自身のバンド、ペトロールズを率い初となるフル・アルバム『Renaissance』を完成させた。 その指先から放たれる魔法の旋律は実に魅力的だ。必要最小限の機能美を持ったフレーズで、歌の魅力を引き出し、楽曲を瑞々しく躍動させている。音楽の奥深い部分とコネクトしないと生まれないであろう独創性あふれるアプローチは、後ろ髪を引かれるような薫り高き残り香のように聴き手を魅了する。 突き抜けた個性を持ち、ギタリストの枠に収まらない稀代の音楽家の正体に迫るべく、ロング・インタビュー、ビザールな愛用ギター・コレクション、所縁の深いアーティストたちからの愛のあるコメント、奏法分析をとおしてその魅力に迫っていきたい。


■Featured Guitarists
the GazettE
核心を突く漆黒の音塊
 
2013年10月に前作『BEAUTIFUL DEFORMITY』を発表後、昨年一年間を “再定義”と称した過去の作品をフィーチャーするツアーに費やしたthe GazettE。自分たちに向き合い、よりコアな部分を認識したうえで制作されたというニュー・アルバム『DOGMA』は、これまで以上に彼らの激しい部分にフォーカスし、強靭な音が一丸となってリスナーの鼓膜を刺激する意欲作となった。その重厚なサウンドの鍵となるのは、なんといってもバンドの両翼となる葵と麗のツイン・ギターだ。


■Special Program
ジェフ・ベック
ライブで爆発する天才の真価

齢70を超えてなお、聴くものを魅了し続けるジェフ・ベック。このたび、2014年8月のアメリカ・ツアーの模様を収めたライブ盤『Live+』が国内発売となる。本作のトピックのひとつは、13年からバンド・メンバーに加わったニコラス・メイヤー(g)の存在だ。これにより、約20年ぶりにツイン・ギター編成のバンドとなり、よりロック寄りのパワフルなサウンドを爆発させている。来たる9月には“Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN”で来日が決定している天才の、ライブでこそ発揮される真価に迫る
 
 
■The Instruments 1
サウンド・プラモデル
~プロ直伝の自作エフェクター
Vol.2:ファズ&バッファー編
 
Shin’s Musicの代表である鈴木伸一=Shin氏を講師に招き、市販のモデルとはひと味違うエフェクターを自作しちゃおうという本企画。7月号で紹介したスペシャル・ブースターに続き、今回はオリジナルのファズとバッファーを製作しちゃいます! 夏休みの自由研究に、日曜大工に、自分だけのペダルを作ってみてはいかがでしょう?


■The Instruments 2
Clip Tuner Battle Royal
最強のクリップ・チューナーを探せ!

昔の人は楽器のチューニングをどうやって合わせていたのか不思議ですが、このご時世チューナーがなければとてもギターなんて弾いていられません。適当なチューニングでバンド演奏を始めてしまい、メンバーやお客さんから自分だけ白い目で見られたという経験を持つ人もいるでしょう。いくらギターが上手でも、ピッチがずれていればきっとその人の演奏は下手くそに聴こえてしまうはずです。さて、今回はギタリストの必需品であるチューナーの中でも、一番お手頃かつ進化が著しいクリップ・タイプを一挙紹介。バンド演奏中にも耐えられる好反応モデル、暗闇でもバッチリの視認性に優れたタイプ、簡単にヘッドからはずれないクリップ力の高いチューナーなど、さまざまな方面から各機種の実力を徹底調査しました。果たして最強の称号を手にしたクリップ・チューナーとは?
 
■奏法特集
グッド・ミュージックの名脇役
ディミニッシュ&オーギュメントの使い方

今月の奏法特集で取り上げるのは、“ディミニッシュ”と“オーギュメント”コード。ビートルズのメンバーを始め、グッド・ミュージックを奏でるポップ・スターたちがこぞって使う“名曲の名脇役”である。その名前だけは知っているけどあまり踏み込めていないギター弾きのみなさん、これを覚えると一気に名曲感のあるナンバーが作れちゃうので、ぜひ取り組んでみよう。


■インタビュー
◎INORAN
◎te’
◎TOTALFAT
◎GLIM SPANKY
◎ザ・ストライプス
◎androp
◎Moran
◎Kelly SIMONZ
◎BREAKERZ
◎内田勘太郎&吉野寿
 
 
■追悼・石田長生
■Handmade Effects Competition Vol.1 賞品発表!
■Fusion Festival in Tokyo Vol.2 Live Report
■ヒュース&ケトナー入魂のニュー・モデルをアンセムの清水昭男が弾き倒す!
■BadCatの最新小型コンボ・アンプを荒井岳史(the band apart)が徹底検証!
 
 
 
■GM SELECTIONS
◎「ビッグ・ブロック」ジェフ・ベック
◎「孤独の発明」toe
 
 
■連載
◎トシ矢嶋のLONDON PHAPSODY   
◎戸高賢史の亡霊的音歪遊戯會              
◎吉野寿(イースタンユース)のヨノナカバカナノヨ     
◎プロのペダルボー道~斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)
◎ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編 (長田悠幸×町田一八)
 
 
■Perfect Seminar   
◎ギタリストの栄養補給! 芸のサプリメント/安東滋       
◎新版ジャズ・インプロヴィゼイション/高橋信博                   
◎小沼ようすけのソロ・ギター・アレンジ3段活用 
 
 
■Musicians Institute Japan誌上ギター・クリニック    
■ギターを思いっきり弾けるプライベート・スタジオ
■FREE THE TONEスペシャル・セミナー
■イチから知りたいレス・ポール学


■New Products Review
◎GIBSON ACOUSTIC/HUMMINGBIRD VINTAGE
◎FENDER/INORAN ROAD WORN JAZZMASTER
◎FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH/RR-SERIES RRS-BRAVERY
◎ZEMAITIS/METAL FRONT/CASIMERE C24MF SIMPLE LEAF
◎VOX/VX II
◎ORANGE/BAX BANGEETAR GUITAR PRE-EQ
◎ELECTRO-HARMONIX/NANO POG
◎TC ELECTRONIC/VISCOUS VIBE
◎IBANEZ/SRG-EX1