商品紹介

雑誌

ギター・マガジン 2015年6月号

定価 823円(本体762円+税)
仕様

A4変型判/260ページ

発売日

『ギター・マガジン 2015年6月号』のアンケートに回答する
・アンケートの回答にはリットーミュージック会員ログインが必要です。
・リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら
内容

表紙 堂本剛 溢れ出す愛と悦びのファンク

■表紙 堂本剛(全16ページ)
時に官能的に、時に燃え上がるように激しく……心の奥底から湧き上がる激情をギターに叩きつけ、自身のライフ・ワークとして“ファンク”を鳴らし続けている堂本剛。その彼が最新アルバム『TU』を完成させた。突き抜けた感性が刺激的なブラック・グルーヴと濃密な愛を交わすことで生まれた表情豊かな楽曲を多数収録している。溢れ出る音楽愛とピュアな感性が共鳴することで、聴き手の心を惹きつける音世界を作り上げているのだ。
今回、音楽観/ギター観などを語り尽くしたロング・インタビュー、感情を描き出すために欠かせない愛用機材、音楽仲間からのメッセージなどを交え、表現者/プレイヤーとして、いまだに進化の歩みを止めない堂本剛の魅力を紐解いていこう。

■特別企画1
LIVE IN JAPAN(全37ページ)
〜忘れられぬ熱狂の記憶

◎Day 1:写真で蘇る伝説の一夜
1966年、ビートルズが来日。社会現象となったこの出来事を皮切りに、さまざまなロック・アーティストたちが日本にやって来ては名演を残した。T.レックス、デヴィッド・ボウイ、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、エリック・クラプトン……。紙の上の動かぬスターだったはずの彼らが、僕らの眼前で躍動し、本場のロック・サウンドを叩きつけてくれた。来日したギター・ヒーローたちの躍動をファインダー越しに切り取り続けたカメラマン、生井秀樹の貴重な“写真”をもとに追想していこう。

◎Day 2:名盤で辿る歓喜の空間
日本の歓喜させてくれた来日公演の中には、ライヴ盤としてパッケージ化されたものが数多く存在。72年のディープ・パープルや、91年のジョージ・ハリスン&エリック・クラプトンなど、後に伝説と呼ばれることとなる名演を、何度でも楽しむことができる。第二部では、そんな来日公演の様子を収録したライヴ盤にスポットを当てた特集をお送りしよう。当時の写真とその目撃者による追想録から伝説のライヴに想いを馳せてほしい。

■特別企画2
レッキング・クルーの伝説(全13ページ)
〜名曲の影に隠れた職人ギタリストたち
今でこそスタジオ・ミュージシャンもそれ相当の評価を受ける時代となったが、アメリカン・ポップスの黄金期である60〜70年代の時点では、まだ演奏者がクレジットされる習慣はなく、決して日の当たるような職業ではなかったようだ。今回は、その時代に生き、“レッキング・クルー”と呼ばれた音楽集団のギタリストにスポットを当ててみたい。のちに注目を浴びるラリー・カールトンやスティーヴ・ルカサーたちよりも前の世代だが、当時のヒット・チャートを席巻したビーチ・ボーイズやカーペンターズ、モンキーズなどの歴史的名曲の影には、必ず彼らの存在があったのだ。

■奏法特集
覚えて得する“プロ”の指グセ(11ページ)    
普段、ギターを持つとなんとなく弾いてしまう“指グセ・フレーズ”。今回は、そんなフレーズの数々を、第一線で活躍する8組のギタリストから伝授してもらった。これらを学ぶことで、テクニック向上や読者自身のフレーズ・ストックに役立ててほしい。

◎e-ZUKA(GRANRODEO)
◎克哉&彰(UVERworld)
◎UZ(SPYAIR)
◎Kuboty(TOTALFAT)
◎sebastian(BULL ZEICHEN 88)
◎dEnkA(KNOCK OUT MONKEY)
◎川崎亘一(the band apart)

■The Instruments
一石二鳥の優れもの!
ツイン・ペダル式歪みエフェクター大集合(16ページ)
“ギター・ソロを弾く時に音をブーストさせたい!”ーーー多くのギタリストが抱える悩みをズバッと解決してくれるのが、ツイン・ペダル式歪みエフェクターだ。その種類は、実にさまざま。今回は注目の製品24モデルを、”三度の飯よりエフェクターが好き”という菅波栄純(THE BACK HORN)がチェック! 試奏レポートとともにその魅力を紹介しよう。

■ライブ機材
マストドン

■GMマスターピース  
ザ・ベンチャーズ「パイプライン」       
ギタリストだったらマストで押さえておくべきロックの大名曲をじっくりわかりやすく解説。ロックのマスターピースを自分のレパートリーに加えて、世界で通用するギタリストを目指せ!

■インタビュー
◎アラバマ・シェイクス
◎KEYTALK 
◎envy
◎踊ってばかりの国
◎ウォーター・ボーイズ    
◎子供ばんど
◎デランジェ

■ギター・スコア
◎「太陽系リフレイン」KEYTALK
◎「ジェフズ・ブギー」ベック・ボガート&アピス

■連載
◎トシ矢嶋のLONDON PHAPSODY
◎ジャキーン!〜 『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
(長田悠幸×町田一八)
◎戸高賢史の亡霊的音歪遊戯會
◎吉野寿(イースタンユース)のヨノナカバカナノヨ
◎プロのペダルボー道~山本陽介
◎弾きやすいストラト、弾きにくいストラト

■Perfect Seminar   
◎ギタリストの栄養補給! 芸のサプリメント/安東滋       
◎新版ジャズ・インプロヴィゼイション/高橋信博                   
◎小沼ようすけのソロ・ギター・アレンジ3段活用/「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ」STEP編

■Charが待望の新作『ROCK+』をリリース! 武道館公演も決定!
■大人のギタリストを唸らせる“デューゼンバーグ”の実力      
■ギターを思いっきり弾けるプライベート・スタジオ
■大村憲司ベスト・ライヴ・トラックス・シリーズ

■New Products Review
◎GIBSON MEMPHIS/ES-355 BIGSBY VOS
◎ZEMAITIS/SUPERIOR/ANTANUS A24SU FLARE
◎HISTORY/TH-LC
◎ARIA PRO Ⅱ/FL-STD Ⅰ
◎ELECTRO-HARMONIX/BAD STONE
◎L.R.BAGGS/SESSION ACOUSTIC DI
◎OLD BLOOD NOISE ENDEAVORS/BLACK FOUNTAIN DELAY
◎VOX/amPlug I/O