商品紹介

雑誌

リズム&ドラム・マガジン 2013年11月号

定価 926円(本体857円+税)
仕様

A4変型判/164ページ

発売日

【この商品は在庫切れとなっております】

内容

レッド・ホット・ファンク・ドラミングの真髄、チャド・スミス

■アーティスト特集1
レッド・ホット・ファンク・ドラミングの真髄
チャド・スミス
[チャド・スミスズ・ボンバスティック・ミートバッツ]
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの9枚連続シングル・リリース、チキンフットの新作『Ⅲ』発表、そして自身のバンドであるボンバスティック・ミートバッツの初ライヴ・アルバムが日本上陸などなど、ここ1~2年のチャド・スミスの活動が活発だ。今回、ボンバスティック・ミートバッツのアルバム日本盤化の折、彼のインタビューが実現。誰もが憧れる彼のロック&ファンク・ドラミングについて、1時間ほどしゃべりまくってもらった。チャド・ドラミングの特徴を徹底検証した分析記事も掲載!

■アーティスト特集2
ジャズの巨人が認めた若き天才
マーカス・ギルモア
[チック・コリア&ザ・ヴィジル]
チック・コリアが結成した新バンド、ザ・ヴィジルのドラマーに抜擢されるなど、次世代ジャズ・シーンを担う存在となったマーカス・ギルモア。去る9月、ヴィジルで来日したタイミングで彼のアーティスト特集をお届け。チックとのエピソードや『ザ・ヴィジル』で繰り広げられる、正確無比なグルーヴ&ダイナミクス・コントロールの秘密について語ったインタビューは必見。来日公演で使用した愛器=クラヴィオットのカスタム・キットも本邦初公開! 

■アーティスト特集3
深化する“匠”のドラム
山木秀夫
[井山大今、gym]
アーティスト特集3は、還暦を迎え、そのテクニック、グルーヴにますます磨きがかかっている熟練ドラマー、山木秀夫。インタビューでは、9月に同時リリースされた井山大今、gymの新作を軸、深化し続けるドラミングの“核”に迫った。両作品のプレイ分析はもちろん、最新参加作品を中心としたディスコグラフィや、山木をリスペクトしてやまない9名のプロ・ドラマーからのコメントも掲載! 全ドラマー必読の内容です!

■特集
ポール・マッカートニーを巡るドラマー達
10月14日に約6年ぶり16作目となるオリジナル・フル・アルバム『NEW』をリリース予定、そして、来たる11月に11年ぶりとなる来日公演を行うポール・マッカートニー。この絶好のタイミングを機に、今回の特集では、ザ・ビートルズ以降のポールのソロ/バンド活動に関わったドラマー達を大フィーチャー! 彼の多彩な音世界を支えた個性溢れる打楽器陣もちろん、ポール自身のドラミングについても紹介していく。

■close up!
“ボトムを支える要”の最新ラインナップが集結
フット・ペダル踏み比べ2013
2回連続~前編:チェーン・ドライヴ・モデル29機種~
人気企画“フット・ペダル踏み比べ”が4年ぶりに登場! 今回は、2013年11月号、12月号の2号に渡り、最新のフット・ペダルのラインナップをご紹介。前編では、11メーカー、29機種のシングル/ダブル・チェーン・ドライヴ式のフット・ペダル試奏レポートをお送りする。さまざまなメーカーが最新の技術、アイディアを取り入れたモデル達は見応え十分だ。初めての1台を選ぼうとしているビギナーから、2台目、3台目を考えている上級者まで、本企画でペダル選びのヒントを得てほしい。

■Interview
◎GODRi[SiM]
◎岡田梨沙[D.W.ニコルズ]
◎komaki♂[tricot]

■Special Review
EVANSヘッドの革新
LEVEL360
独自のアイディアを生かしたハイ・クオリティなドラム・ヘッドで知られるエヴァンス。この程、そのレギュラー・ラインナップの仕様が一新された。“LEVEL360”と呼ばれる新仕様は、ヘッドのカラー(collar)の構造を見直すことで、チューニングのレンジや安定性などが大幅にレベル・アップしたという。その実力をチェックすべく、タム類&スネアを使って使用感をチェック。すでにLEVEL360ヘッドを使い始めている、ジョジョ・メイヤーにもコメントしてもらった。

■Special Report
PEARL FES 2013 in 東北

■連載
The Style of LIVE GEAR
伊藤大助[clammbon]

■第50回記念特別編! 無人島スネア the Special
猪俣猛

■連載セミナー
ドラマーの“興味”に応える
DM Total Academy

◎“菅沼”孝三&道昭が“いろは&に”まで伝授!
初心者ドラマーの天国と地獄

◎1年でBPM=180の壁を超える!
高速ツーバス・ドラマーへの道

◎知れば知るほど世界が広がる!
ドラマー的デジタル・ライフのススメ

◎つっちーに聞く“ドラムの音作り”
ドラマガ・チューニング部!

◎テリー・ボジオの“コンセプト”

◎三浦晃嗣が教える楽曲コピー体験記
今月の1曲、勉強になりました!
「Hey Pocky Way」Neville Brothers
ドラム:ハーマン・アーネスト

■連載
プロが感じる“本格派”エレドラの魅力
Impression of V-Drums
第2回:Yuumi[FLiP]

■Musicians Institute Japan
“OPEN HOUSE”でドラムを学ぶ

■“ドラムな”最新情報を発信するBeat Square
高橋幸宏、ラーズ・ウルリッヒ[メタリカ]、古田たかし、玉田豊夢[斉藤和義]、ピエール中野[凛として時雨]、他

■NEW PRODUCTS
[GRETSCH]
Brooklyn Series GB-CKTL 3pc Cocktail Kit
[ISTANBUL MEHMET]
22" & 20" Origin Ride、18" & 16" Origin Crash、10" & 8" Sultan Splash、10" & 8" Session Splash Cymbals
[SCHLAGWERK]
AGILE“Natural”、AGILE“Dual”、AGILE PRO“Zebra”、AGILE PRO“Cappuccino”Cajons
[ROLAND]
HandSonic HPD-20
[GOSTRAY]
SRH 4.0 Stainless Hoop
[KITANO]
All Titanium Beaters F-1 & R-1

■アーティスト・コラム
沼澤 尚『NOW and THEN』
ピエール中野『ドラマーはどこまでわかっていないのか?』
芳垣安洋『ドラム・ノーベル賞!』
岡部洋一『めしのたいこすき、すごいたのしめ』
ビリー・マーチン『ルーツ探求』

■情報ページ
Drummer’s Disc Guide
Drummer’s Paddle

  • 最新号
  • バックナンバー
  • 定期購読