商品紹介

ムック

打田十紀夫 カントリー・ブルース・ギター・バイブル

著者 打田 十紀夫
定価 3,024 円(本体2,800円+税)
仕様

A4変型判/144ページ/CD、DVD付き

発売日
ISBN 9784845630455
  • DVD付き
  • CD付き
  • 立ち読み
  • 試聴
  • 立ち読みする

試聴コーナー

※ムービー・サウンドは、試聴用に圧縮・エンコードされているため、実際より画質・音質が劣化しています。
※再生いただくには、最新のAdobeFlashPlayerが必要です。

AdobeFlashPlayerダウンロードページへ

内容

まさにバイブル! 歴史的名書に大幅加筆、さらにDVDを加えた決定版

1993年に発売された『リアル・アコースティック・ギター/カントリー・ブルース』(のちに改訂版『カントリー・ブルース・ギター』として再リリース)。戦前ブルースマンの代表的な演奏スタイルと魅力を、練習曲と模範演奏CDとともに余すところなく伝えた本作は、本格派フィンガーピッカーから高い評価を得るとともに、ロング・セラーを記録しました。また、歴史的背景などまで詳しく書かれた解説文も本書の魅力と評されました。

その本作が、このたび大量の新規原稿とDVDを追加し、カントリー・ブルースの“バイブル”として生まれ変わりました。追加コーナーは、スペシャル・プログラム Vol.1〜2の2編。Vol.1の「本編のバリエーションの考察」は、これまでスコアー化してなかった付属 CD のバリエーション演奏部分で、本編の発展的なプレイが身につきます。 Vol.2の「DVD で学ぶカントリー・ブルース・ギターの基本」はDVD連動企画で、基礎的なデイリー・トレーニングを中心とした内容となっています(DVDの動画は、教則DVD『すぐ弾けるカントリー・ブルース・ギター』を使用)。

これにより、戦前ブルースマンたちの代表的な演奏スタイルの習得、その発展的プレイのノウハウ、歴史的側面の学習、映像でのフォーム確認が本書で可能です。さらに著者はカントリー・ブルースの世界的権威と、まさにバイブルと呼ぶにふさわしい内容に仕上がっています。初級者、中上級者を問わず、こだわり派プレイヤーのお手元に置いていただきたい作品です。

【CONTENTS】
■第1章:フィンガーピッキング・ブルース入門編
カントリー・ブルースとフィンガーピッキング
フィンガーピッキング基礎知識
ウォーミングアップ・エクササイズ
COLUMN ① 初心者に向けてのアドバイス

■第2章:フィンガーピッキング・ブルース基本編
モノトニック・ベース奏法
オルタネイティング・ベース奏法
ベース音のミュート
シンコペーション
練習曲
「I Want To Do Something For You」  
「Boogie Of Mance Lipscomb」
COLUMN ② 必見の映像作品
「Hey Hey」
「Shuffle Of Lightnin' Hopkins」
「Blues In G Of Mississippi John Hurt」
「Nostalgia For Avalon」

■第3章:フィンガーピッキング・ブルース応用編
デルタ・ブルース
「Blues In E Of Robert Johnson」
「Blues In A Of Robert Johnson」
「Pounding Blues Of Charley Patton」
「Haunting Blues Of Skip James」
ラグタイム・ブルース
「Rag For Blind Boy Fuller」  
「Slow Blues Of Blind Blake」  
「Blake's Stumbling Rag」  
「Tribute To Rev. Gary Davis」
ソフィスティケイティド・ブルース
「Woke Up With The Blues In My Fingers」  
「Blues In G Of Lonnie Johnson」
「Lonnie's Dazzling Blues」

■第4章:ボトルネック・スライド・ギター  
ボトルネック・スライド・ギターの基礎知識
スライド・コントロール
オープン・チューニングの利用
コード・ポジション中心のスタイル
「Bottleneck Rag Of Sylvester Weaver」
「Tribute To Muddy Waters」
モーダルなアプローチ
「Dark Was The Night, Cold Was The Ground」  
「Evocative Slide Of Blind Willie Johnson」  
フィンガリングを絡めたスタイル
「Sittin' On Top Of The World」
「Boogie Of Tampa Red」  
「Crossroad Blues」  
COLUMN ③ その他のオススメ作品

【スペシャル・プログラム Vol.1】本編のバリエーションの考察

8 Bar Blues In E
Will The Circle Be Unbroken?  
Boogie Of Mance Lipscomb  
Shuffle Of Lightnin' Hopkins  
Blues In G Of Mississippi John Hurt   
Nostalgia For Avalon  
Blues In E Of Robert Johnson  
Blues In A Of Robert Johnson  
Pounding Blues Of Charley Patton  
Rag For Blind Boy Fuller   
Slow Blues Of Blind Blake   
Blake's Stumbling Rag   
Tribute To Rev. Gary Davis   
Woke Up With The The Blues In My Fingers   
Blues In G Of Lonnie Johnson  
Lonnie's Dazzling Blues  
Tribute To Muddy Waters  
Dark Was The Night, Cold Was The Ground   
Sittin' On Top Of The World  
Boogie Of Tampa Red   
Crossroad Blues

【スペシャル・プログラム Vol.2】DVD で学ぶカントリー・ブルース・ギターの基本

■ベーシック・エクササイズ
①~③のショート・エクササイズ

■ベーシック・スタイル
メロディのみの練習
モノトニック・ベース・スタイル(8 Bar Blues In E)
オルタネイティング・ベースの親指のみの練習
オルタネイティング・ベース・スタイル(8 Bar Blues In E)
マンス・リプスカム・スタイルの練習曲
ミシシッピ・ジョン・ハート・スタイルの練習曲

■シャッフル・ウォーキング・ベース
右手親指のみのピッキング練習
ロバート・ジョンソン・スタイルの練習曲

■ラグタイム・ブルース
ブラインド・ボーイ・フラー・スタイルの練習曲

著者 プロフィール

打田 十紀夫(うちだ ときお)

ブルース&ラグタイムを得意とするフィンガースタイル・ギタリストとして、全国を回ってのソロ・コンサートのほか、海外の世界的ギタリスト達とも共演。 CDやDVD、教則本などアコースティック・ギター関連作品を多数発表、メディアで高い評価を受ける。2007年にステファン・グロスマンとのデュエット CD「Bermuda Triangle Exit」が米国でリリースされ、2008年には欧米ツアーを開催。TABLtd.も主宰するなど幅広い活動を続けている。
◎公式ホームページ→http://www.tokiouchida.com/

編集担当より
ひとこと

あまり知られていませんが、著者・打田十紀夫さんがギターを弾き始めたのは、大学に入ってから。かなり遅いんですね。しかし、その後の活躍は周知のとおり。日本にとどまらず、本場アメリカなど世界中で活動しています。「悪魔に魂を売ったのでは?」と疑ってしまいそうな飛躍です。
そんな著者の渾身の作品が本書です。カントリー・ブルースの魅力が余すところなく収めているので、資料的な価値もあります。ですから本書は、知識欲の強いギタリストにピッタリ。謎が多い戦前ブルースマンの演奏ですが、本書の解説を読みつつ音源を聴くだけで「なるほど、そうだったのか!」と納得していただけるはずです。こういった知識は、演奏レベルに関係なく、さらにエレキ弾きでも楽しめるのもいいですよね。試聴コーナーに全曲アップしていますので、音源だけでもチェックしてみてください。(出版部/額賀正幸)

カテゴリ ギター > ブルースギター
ギター > 教本(練習・弾き方・レッスン)
ギター > アコースティックギター > 教本(練習・弾き方・レッスン)