商品紹介

ムック

ギター・マガジン

ブルース・ギター入門 3種ブルースのフルコース

著者 安東 滋、打田 十紀夫
定価 1,620 円(本体1,500円+税)
仕様

A4変型判/112ページ/CD2枚付き

発売日
ISBN 9784845630240
  • CD付き
内容

エレクトリック,アコースティック,ジャズの3種ブルースのフルコース

ブルースを練習すると、表現力、アドリブ能力、音楽的なひらめきや直感力、グルーヴ感などの音楽スキルがひととおり身につくことは周知の事実。そのため、「自身の音楽指向に関係なく、一度はブルースを練習したほうが良い」と言われているわけです。「だったらチャレンジしてみようかな」と思っているギタリストに向けて制作したのが本書です。しかもエレクトリック・ブルースだけでなく、アコースティック・ブルース、ジャズ・ブルースも網羅。これら3種ブルースの基礎から応用~発展をレクチャーしています。フレーズ・ネタ集としての側面も強いので、中上級者も楽しめる内容になっています。CD2枚付きで1,500円+税と非常にリーズナブルになっている点も見逃せません。内容、価格ともに誰もが納得する1冊に仕上がっています。
※本書はブルース入門者が手に取りやすいよう,既刊『ギター・マガジン講義録 ブルースの逆襲!!』のタイトルと定価を変更したリニューアル作品である点をご了承下さい。

【CONTENTS】
■フレーズ・ネタ満載! エレクトリック・ブルースの常套句
文・譜例作成=安東茂
 
ブルースのお約束事
ブルース・バッキングの常套句
ソロ・アプローチの常套句
マンネリ・ソロ脱却のためのヒント集
スコア「クロスロード」クリーム

■基礎から学べる! アコースティック・ブルースの常套句
文・譜例作成=打田十紀夫
 
アコースティック・ブルース入門
ロバート・ジョンソン『コンプリート・レコーディング』徹底解剖
スコア「クロスロード・ブルース」ロバート・ジョンソン

■気軽にプレイ! ジャズ・ブルースの常套句
文・譜例作成=安東茂
 
ステップアップで早わかり! パターンで覚えるジャズ・ブルースの基礎    CHORD PLAY
ステップアップで早わかり! パターンで覚えるジャズ・ブルースの基礎    SOLO PLAY

著者 プロフィール

打田 十紀夫(うちだ ときお)

ブルース&ラグタイムを得意とするフィンガースタイル・ギタリストとして、全国を回ってのソロ・コンサートのほか、海外の世界的ギタリスト達とも共演。 CDやDVD、教則本などアコースティック・ギター関連作品を多数発表、メディアで高い評価を受ける。2007年にステファン・グロスマンとのデュエット CD「Bermuda Triangle Exit」が米国でリリースされ、2008年には欧米ツアーを開催。TABLtd.も主宰するなど幅広い活動を続けている。
◎公式ホームページ→http://www.tokiouchida.com/

安東 滋(あんどう しげる)

日本のテキサス、ディープ千葉在住(笑)。ジミー・ペイジを心の師と仰ぎ、ブルース系はもとよりヘヴィ&変態系まで、雑多な音楽嗜好を持つアナログ派ギタリスト。反体制、ヘソ曲がり、天の邪鬼が基本キャラクターの愛猫家。ギター・マガジン誌にて各種奏法記事を多数担当。著書『39歳からの本格ブルース・ギター』他、多数。

編集担当より
ひとこと

本書は、エレクトリック・ブルース、アコースティック・ブルース、ジャズ・ブルースの3種類のブルースを学ぶことができます。「入門書なのに、ここまで幅広くする必要はないのでは?」と言われそうですが、この「やり過ぎ感」こそが、弊社リットーミュージックの持ち味と思っています。しかし、何も考えずに3種ブルースを詰め込んだわけではありません。理由が2つあります。
1つ目の理由は、入門書にありがちな「最初は簡単だけど、後半はかなり難しい」というの避けたかったこと。広く浅い本を目指したのです。後半に向けてレベルアップしていく本は、苦労や挫折感を伴いますよね。これではブルースの長所である「勘を頼りに、気軽に弾く楽しさ」が薄らいでしまいますから。
そして2つ目の理由は、「新しい分野にチャレンジすると、最初は凄く楽しく、吸収のスピードも速い」という点。ですから、ブルースという括りの中で3種類のジャンルを扱ったのです。
このように、意図的にやり過ぎ企画にした本書ですが、それだけではありません。価格もCD2枚付きで1,500円+税と、やり過ぎプライスにもチャレンジ。内容、価格面と最大限努力しました!この春、ブルース始めましょう!(出版部/額賀正幸)

カテゴリ ギター > ブルースギター
ギター > ジャズギター・ボサノヴァギター
ギター > エレキギター > 教本(練習・弾き方・レッスン)
ギター > アコースティックギター > 教本(練習・弾き方・レッスン)