商品紹介

書籍

立東舎

超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界

著者 谷ゆき子、花村えい子、里中満智子、高橋真琴、辻真先、井川浩、古藤黎子、芳賀直子、tsumire、谷垣宏尚、倉持佳代子、図書の家(編集)、東村アキコ(その他)
定価 1,728 円(本体1,600円+税)
仕様

A5判/160ページ

発売日
ISBN 9784845628605

電子版あり

9784845628605_IN01.png9784845628605_IN02.png

内容

東村アキコ推薦! 幻のバレエマンガ家、21世紀にまさかの大復活

君は「谷ゆき子」を知っているか——
バレエなのになわとび? バレエなのに滝に打たれる? バレエなのにダイナマイト? 常に予想を裏切りまくる超展開。昭和40年代をメインに、学年誌の売上絶頂期を支えた大人気バレエマンガ家、谷ゆき子。
「白鳥の星」「バレエ星」「さよなら星」など、100万人の読者が手に汗握り次号を待った衝撃のバレエマンガをいくつも連載していたにも関わらず、一度も単行本化されなかった幻の作家が、今ここに蘇る!
「バレエ星」40ページ完全再現収録、カラー32ページ、貴重な貸本『虹』『すみれ』の表紙も可能な限り収録し、圧巻の収録図版点数!
花村えい子、里中満智子、高橋真琴各氏インタビューをはじめ、家族の証言などテキスト2万字超で謎多きマンガ家・谷ゆき子の実像にも肉薄します。

東村アキコ・推薦の言葉
「子どもの頃にバレエを習いたかったけど、獅子舞を習わされた私にとって、憧れの先生です」

【CONTENTS】
■第Ⅰ章 さあ「バレエ星」を読んでみよう!
「バレエ星」とは? 
第1話〜第9話ダイジェスト
マンガ再録「バレエ星」(『小学二年生』1969年10月号、11月号)

■第Ⅱ章 超展開バレエマンガ「星」シリーズ〜学年誌の黄金時代を支えたマンガ〜
見どころPick Up!
(「さよなら星」「まりもの星」「白鳥の星」「かあさん星(2代目)」「バレリーナの星」「ママの星」「アマリリスの星」)
ファッションギャラリー
整理しよう! 「星」シリーズ
[インタビュー]井川浩、古藤黎子
[年表]谷ゆき子が学年誌で活躍した時代
[特別寄稿]芳賀直子
[解説]倉持佳代子

■第Ⅲ章 マンガ家・谷ゆき子をたずねて
[インタビュー] 花村えい子、里中満智子、高橋真琴
[特別寄稿]辻真先
[谷ゆき子資料]年譜 作品リスト
[コラム]tsumire
[インタビュー]谷垣宏尚

■巻末カラー特別企画
Yukiko Tani Art Gallery
谷ゆき子アートギャラリー
(原画、学年誌、貸本、雑誌ふろく、文房具、グッズなど)
谷ゆき子インタビュー記事再録

著者 プロフィール

谷 ゆき子(たに ゆきこ)

1935年、兵庫県生まれ。本名・谷垣悠紀子。58年頃、大阪の金龍出版社より単行本『夕映の詩集』にてデビュー。画力に定評があり同社発行の短編誌『虹』『すみれ』では作品の他、表紙画を多数担当した。64年、活躍の場を東京に移す。66年より小学館の学年誌で約10年にわたり母恋ものをベースにしたバレエマンガを連載し、絶大な人気を誇る。99年病没。別名に谷悠紀子、谷ゆきこ、谷幸子など。

図書の家(としょのいえ)

1999年より少女マンガ研究サイト「図書の家」を開設し、初出調査や作家検証を中心に活動。雑誌記事・書籍の編集、デザイン、映像等の制作、資料提供なども行っている。2013年京都国際マンガミュージアムで企画開催された展示 「バレエマンガ〜永遠なる美しさ〜」では調査・資料協力を担当。主な制作実績に『ネコマンガ(●ↀωↀ●)✧コレクション』(立東舎、編集・制作)
『総特集 三原順』『坂田靖子ふしぎの国のマンガ描き』 (河出書房新社、企画・編集・制作)、『大島弓子 fan book』(青月社、作品解説・資料提供・編集協力)、『わたしのマーガレット展』(集英社、調査・全作品リスト制作・図録校正協力)などがある。

カテゴリ ダンス・ビジネス・カルチャー・その他 > その他
ダンス・ビジネス・カルチャー・その他 > お笑い・カルチャー