商品紹介

書籍

コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ

目指せ! 譜面がなくても曲が弾ける人!

著者 いちむら まさき
定価 1,404 円(本体1,300円+税)
仕様

A5判/128ページ

発売日
ISBN 9784845627905
  • 立ち読み

電子版あり

  • 立ち読みする
内容

コード進行の仕組みを知ると、演奏/耳コピ/作曲に役立つ!

本書では「コード進行の仕組み」を、「覚え方」「耳コピ」「作曲」という3つの視点から解説しています。実は、これらはとても密接に関連しているのです。例えば、「譜面がなくても次のコードを推測できる」「聴いた曲のコードが大体わかる」「いろんなコードを組み合わせて曲を作れる」ようになることは、すべて「コード進行の仕組み」に秘密があります。その「仕組み」に、音楽理論書とは異なるアプローチで迫っているのが、この本です。「覚え方」では、ギター/ベース/ウクレレの指板、そしてキーボードの鍵盤図を使って、ポップスで使われるコード進行のパターンを体で覚えていきます。また「耳コピ」では、どこに着目すれば効率的にコードを探せるのかを解説しています。そして「作曲」では、コード進行を「ストーリー」で学んでいきます。本書が目指しているのは、コード進行の仕組みを「演奏」「耳コピ」「作曲」に生かすことなので、音楽理論は必要最小限にとどめています。「理論は苦手だけど、コードのことはもうちょっと知っておきたい」という皆さんに、ぜひ手に取ってもらいたい一冊です!

9784845627905_01.jpg 9784845627905_02.jpg 9784845627905_03.jpg

9784845627905_04.jpg 9784845627905_05.jpg 9784845627905_06.jpg

【CONTENTS】
■Introduction 本書を読み進めるにあたって

■第1章 コード進行を覚える方法
◎STEP 1 楽譜をアレンジする
 譜面を1本線コード譜に書き直す
 1本線コード譜の書き方
◎STEP 2-1 セクションごとに覚える①
 あえて難しいBキーで解説/指の動きを確認
 セクションごとのルート音の動きを確認する
 パワー・コードで弾く
 鍵盤でもルート音のイチを確認しておこう!
 度数の間隔を確認する
 全ダイアトニック名は暗記しない
◎STEP 2-2 セクションごとに覚える②
 Cキーでの例
 メジャー・コードに丸を付ける
 エレキ・ギター/ベースのルート音の動き
 アコースティック・ギターの場合
 ウクレレの場合
 キーボードの場合
◎STEP 3 ダイアトニック・コードを活用する
 音階の確認
 ダイアトニック・スケールの覚え方
 ダイアトニック・コードとは?
 ダイアニック・コードの覚え方
 コード譜を数字化する
 mコードの場所の覚え方
 キッカケはノン・ダイアトニック・コード
 セクションごとに位置を変える覚え方
◎STEP 4-1 「音の流れ」を意識する
 「1,4,5」のルート音の位置を先に覚える
 「1→5→1」はベース・プレイの基本
 ベース・プレイをスムーズにする
 ベース・プレイをギターに取り入れる
 ベース・プレイをウクレレに取り入れる
 ベース・プレイをキーボードに取り入れる
 分数コードについて
 下行していく音程には要注目
◎STEP 4-2 音の流れを見極める
 代理コードを知る
 楽曲の骨組み
 遠い音は戻りたがる
◎STEP 5 コード・チェンジで覚える
 コード進行を方でイメージする
◎STEP 6 覚えた曲を忘れないために
 継続して弾くこと
 ここは注意!
◎第1章のまとめ/おさらいテスト/おさらい練習

■第2章 コード進行を耳コピするコツ
◎STEP 1 耳コピの心構え
 最初から難しい曲にトライしない
 調べられることは調べる
 まずは全体から
 量をこなすこと
 目コピも活用する
◎STEP 2 単音を探すコツを知る
 消去法を使う
 比べて探す
◎STEP 3 全体像を把握する
 楽曲構成をとらえる
 キーを見つける
 Cキーでコピーするクセをつける
 自力で耳コピする意味
 複数のコード譜を比べる
◎STEP 4-1 使用コードを特定する
 ダイアトニック・コードを書き出す
 #とbの数を見つける方法
◎STEP 4-2 ルート音を聴き取る
 ベーシストの気分で
 ベーシストは5度を弾くことも考慮
◎STEP 5-1 コード進行を推測するコツ
 「1」から始める曲はメジャー・キー
 上がFで、下がG
 メロディとコードの関係
 「1.4.5」は隣にもいる
 カノン進行に似ているかも
 カノン進行の覚え方
 「6m」から暗く始まるマイナー・キー曲
 マイナー・キーのカノン進行
 コードにも進みたがる方向がある
 「7度」が付くか、付かないか?
 sus4コードの動きを知る
 一応「7m7(b5)」を疑う
◎STEP 5-2 例外からコードを推測する
 異端児なルート音が出てきたら
 異端児な音程がコードの構成音に含まれていたら
 分数コードを見つける1
 分数コードを見つける2
 dim7コードを見つける
 下行フレーズを見つけるとコード名が断定しやすい
 上行フレーズも見逃さないこと
 クリシェは聴き取りやすい
 複音で移動するクリシェ
 1からスタートしない曲もある
◎STEP 6 メロディからコードを割り出す
 メロディに含まれている音程に注目する
◎STEP 7 リズムについて
 最初は簡単に
◎第2章のまとめ/おさらいテスト/おさらい練習

■第3章 コード進行作曲のコツ
◎STEP 1 作曲の心構え
 最初から素晴らしい曲を作ろうと思わない
 規制曲に似てても気にしない
 臨機応変な心を持って挫折を避ける
◎STEP 2 ストーリーでとらえる
 コード進行をストーリーで考える
◎STEP 3 パターンを使って作曲する
 代理コードのもとを考えると
 2つ目に多いコードは何度?
 サビの頭に使われるコードは何度?
 サビで一時的に転調
 完全に転調するパターン
 最初のメロディ音に多いのは何度?
 実際にコード進行を作るのは自分
 譜面の#とbを研究しよう
 ザ・ビートルズを探ろう
 昨今の楽曲
◎全てのまとめ/テスト解答/メジャー・スケールのダイアトニック早見円盤表

■コラム
 コード譜も立派な譜面/変化した箇所を「キッカケ」にする
 Cキーで考え、ほかのキーに応用/答えを想定して当てはめるという手法
 コードは自分で見つけられる

編集担当より
ひとこと


大好評「覚える」シリーズの第3弾は、ついに“コード進行”です! 「コード進行」と聞くと「理論本?」と思われるかもしれません。でも、本書はちょっと違います。少しは理論っぽい内容や用語も出てきますが、それはあくまで「キーワード」として利用しているだけにすぎません。それよりも本書が重視しているのは、「コード進行」を演奏や耳コピ、作曲などで楽しく活用することです。「音には進みたい方向がある」とか「遠い音は戻りたがる」「mコードの場所の覚え方」「異端児なルート音が出てきたら」などなど、音楽がもっと楽しくなるトピックが並んでいます。「理論は苦手」という方にも、コード進行の面白さを堪能していただけると確信しております!(出版部/永島聡一郎)

カテゴリ 音楽理論・作詞・作曲 > コード・スケール・理論
ベース > コード・スケール・理論
ピアノ・シンセ・キーボード > コード・スケール・理論
ギター > アコースティックギター > コード・スケール・理論
ウクレレ > コード・スケール・理論