商品紹介

書籍

最先端の作曲法 コーライティングの教科書

役割シェア型の曲作りが、化学反応を起こす!

著者 伊藤 涼 / 山口 哲一
定価 1,944 円(本体1,800円+税)
仕様

A5判/160ページ

発売日
ISBN 9784845625888

電子版あり

内容

自分のストロングポイントを活かして、どんどん作曲!

書籍『プロ直伝! 職業作曲家への道』『DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』に続く“作曲シリーズ”第三弾!
“コーライティング(co-writing)”とは、欧米では一般的な曲作りの方法。これまでのように、オールインワン型のクリエイターが1人で完パケまで作り上げるのではなく、トップライナーやトラックメイカーなどの一芸に秀でた人が集まり、それぞれのストロングポイントを活かす形で作業をすることで、ケミストリー(化学反応)を引き起こす!
そんな方法で、クオリティの高い作品をどんどん生み出しているのです。本書では、コーライティングをいち早く取り入れているプロデューサーやクリエイターが、国内でコーライティングが普及することを目指して、ノウハウや実例を惜しげも無く披露!日本で、そして世界で活躍するために、必読の1冊です。
作曲家をエンパワーメントする山口哲一と、書籍『作詞力』が話題の伊藤涼という2人の音楽プロデューサーが、共著(コーライティング)でお届けします!

【CONTENTS】
■INTRODUCTION
コーライティングの世界へ、ようこそ
■CHAPTER1
コーライティングの基礎知識
■CHAPTER 2
コーライティングの作法
■CHAPTER 3
コーライティングキャンプ事情
■CHAPTER 4
1年に150曲を書くヒロイズムの、Tokyo・LAコーライティング生活
■CHAPTER 5
コーライティングを始めよう!

■INTERVIEW
◎Alex Geringas
ドイツ出身、ロサンゼルス在住のグラミー賞受賞作曲家
◎岡嶋かな多
コーライティングに恋してスウェーデンに移住したソングライター
◎西尾周一郎
株式会社クレオフーガ代表取締役社長

■EXAMPLE
◎コーライティングの実例 「UNDO」ができるまで

■REPORT
◎IZU Co-Writing Camp Vol.2
◎hanawayaのLONDONコーライティング旅日記

■COLUMN
◎クリエイターが主役の時代がやってくる
◎ざけんな、日本の作曲家
◎極私的コーライティング原体験

著者 プロフィール

山口 哲一(やまぐち のりかず)

(株)バグ・コーポレーション代表取締役
『デジタルコンテンツ白書』(経済産業省監修)編集委員
音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト。
国際基督教大(ICU)高校卒。早稲田大学在学中から音楽のプロデュースに関わり、中退。1989年、株式会社バグ・コーポレーションを設立。「SION」「村上"ポンタ"秀一」「こだまさおり」のマネージメントや、「東京エスムジカ」「ピストルバルブ」「Sweet Vacation」などの個性的なアーティストを企画しデビューさせる。プロデュースのテーマに、新テクノロジー活用、グローバルな視点、異業種コラボレーションを掲げ、音楽ビジネスを実践している。2010年頃から著作活動を始め、国内外の音楽ビジネス状況の知見を活かし、音楽(コンテンツ)とITに関する提言を続けている。エンタメ系スタートアップを対象としたアワード「START ME UP AWARDS」、ミュージシャンが参加するハッカソンとコーライティグセッションを同時開催する「クリエイターズキャンプ真鶴」をオーガナイズ。超実践型作曲家育成セミナー「山口ゼミ」で音楽家の育成を、「ニューミドルマン養成講座」では、デジタル時代に対応した音楽ビジネスを担う人材の育成を行っている。
2005年から2013年まで一般社団法人日本音楽制作者連盟の理事を、2011年から2012年に公益社団法人日本芸能実演団体協議会(芸団協)の理事を務める。
著書多数、最新刊は、全分野のコンテンツビジネスをIT視点でビジネスパーソンに説く『10人に小さな発見を与えれば1000万人が動き出す。』(ローソンHMVエンタテイメント刊)。
◎Twitter https://twitter.com/yamabug 
◎BLOG  http://yamabug.blogspot.jp/

伊藤 涼(いとう りょう)

音楽プロデューサー、(株)マゴダノダイマデ・プロダクション代表取締役。
Berklee College of Music卒業。2001年にJohnny's Entertainmentに入社し、近藤真彦・少年隊・KinKi Kidsのディレクターを務め、2004年にはNEWSのプロデューサーに着任。修二と彰、山下智久のソロ、テゴマスの海外デビューなども手掛ける。 2009年に株式会社マゴノダイマデ・プロダクションを設立後は、作詞研究室リリックラボなどの音楽に関する企画運営をしながらフリーのプロデューサー/ 作家としても活動。山口ゼミの副塾長、コーライティングファーム(CWF)のヘッドディレクターをつとめる。作詞アナリスト、フードミュージックプロ デューサーとしても活躍。
著書に『作詞力 ウケル・イケテル・カシカケル』(リットーミュージック) 、『とびきり愛される女性になる。 恋愛ソングから学ぶ魔法のフレーズ 』(ローソンHMVエンタテインメント)がある。
◎マゴノダイマデ・プロダクション http://www.mago-dai.com
◎ブログ「伊藤涼の音楽」 http://ameblo.jp/magodai
◎作詞研究室リリックラボ http://www.mago-dai.com/?p=778

編集担当より
ひとこと

「コーライティングって、いわゆる共作と何が違うの?」本書のタイトルを見て、こんな疑問を持った方も多いのではないでしょうか?本書でオススメしているコーライティングは、欧米のクリエイターが既に10年以上前から実践している、効率的で、クオリティアップが望めて、楽しく作業ができる作曲方法です。そのノウハウを豊富な事例と共に詳しく紹介するから、日本人クリエイターにはもっと頑張ってほしい。そういう思いで、本書は書かれているのです。このままでは、ジリ貧だよっていうことですね。コーライティングという手法はプロだけではなく、アマチュアが楽しむにも最適な方法です。例えばオケを作るのは苦手だけど作詞は得意、という人など、何か突出して得意なことが1つあれば、作曲に参加できるからです。作曲家コミュニティサイトのクレオフーガ(https://creofuga.net/news/16)では、既にそういった“一芸才能”のマッチングもスタートしています。ぜひ本書を片手に、コーライティングの世界に足を踏み入れてください!(コラ夫)

カテゴリ 音楽理論・作詞・作曲 > 作詞・作曲・アレンジ