商品紹介

書籍

ベーシストのためのプロとアマを分けるミュート技術

著者 前田“JIMMY”久史
定価 2,160 円(本体2,000円+税)
仕様

A5判/160ページ/CD付き

発売日
ISBN 9784845625246
  • CD付き

電子版あり

  • 立ち読みする

『ベーシストのためのプロとアマを分けるミュート技術』のアンケートに回答する
・アンケートの回答にはリットーミュージック会員ログインが必要です。
・リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら
内容

グルーヴの秘訣は音が出ていない部分にあった?!

楽器というのは“音を出す”道具ですから、“どうやって音を出すか”に意識が集中してしまうのは当然のこと。しかし、上級者になればなるほど“出した音をどうやって止めるか”もしくは“いかに必要な音以外を出さないか”という部分に注意しながら演奏しているものです。特にベースにおいては、実音と実音ではない音の組み合わせによってグルーヴ感が変わったり、鳴らしたい音だけをいかに確実に鳴らせるかという技術の差によってアンサンブルでの音ヌケも変わってきます。本書では、“ミュート”“ゴースト・ノート”という、実音以外の音要素を研究することで、さらに一歩上のレベルのベーシストになることを目指します。

【CONTENTS】
■第1章 余計な音を出さないためのミュート
◎余弦ミュートの考え方
◎左手での余弦ミュートの基礎
◎指弾きでの余弦ミュート
◎ピック弾きでの余弦ミュート
◎スラップでの余弦ミュート

■第2章 音価調整のためのミュート
◎音価について
◎グリッドという考え方
◎左手で行なう音価調整
◎右手で行なう音価調整
◎パーム・ミュート

■第3章 グルーヴを生むためのゴースト・ノート
◎ミュートでグルーヴを生む
◎ピッキング・ミュート
◎ピッキング・ミュート〜ピック篇
◎ピッキング・ミュート〜スラップ篇
◎タッチ・ミュート
◎ピック弾きでのタッチ・ミュート
◎開放弦ゴースト・ノート
◎LHM

■第4章 体感! ジャンル別ミュート活用フレーズ集
◎ジャンルごとのミュート活用法
◎ロック
◎R&B/ファンク
◎フュージョン
◎ミクスチャー
◎スウィング
◎レゲエ
◎サンバ
◎サルサ
◎アフリカン・ビート
◎カントリー
◎ディスコ
◎ボサノヴァ

■第5章 ミュートを生かした特殊/テクニカル・プレイ
◎特殊プレイでの活用について
◎速弾きに活用する
◎ブラッシング
◎ストラミング
◎スラップでの活用法

著者 プロフィール

前田“JIMMY”久史(まえだ じみー ひさふみ)

北海道出身。高校卒業後ディスコ、キャバレーなどのハコバン生活に入る。大のレッド・ツェッペリン好きのため、ハコバンのバンマスに“JIMMY"というセカンド・ネームを付けられる。1980年に今は亡き憧れの天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスに会うチャンスがあり、“My name is JIMMY. bassplayer.advice to me”と助言を求めたところ、ジャコに“JIMMY!! Let's practice practice!! Let's practice practice!"とありがたい言葉をもらい、いつの日か上京し、ベースでメシを食う決意を固める。25歳で上京後、一世風靡セピア、哀川翔、小泉今日子、X JapanのToshi、ダイアモンド・ユカイ、Ottottrio、Cutting Edge、The Outsidersなどジャンルを超えたさまざまなアーティストのサポート、スタジオ・ワーク、バンド活動を行なう。また劇団新感線のミュージカル『メタルマクベス』『SHIROH』『TOMMY』などに出演。ベース専門誌『ベース・マガジン』での執筆活動も行ない、『目で見て確認エレクトリック・ベース』、『スラップ・ベース・スパルタ合宿』『究極のピック弾き練習帳』(すべて小社刊)などの著作物も手がける。またESPミュージカル・アカデミーの講師として、後進の指導にもあたっている。
◎オフィシャル・ブログ→http://ameblo.jp/jimmy-bassman

カテゴリ ベース > 教本(練習・弾き方・レッスン)