商品紹介

ムック

ギター・マガジン

欲しかった音が出る!エレキ・ギター配線アレンジの本

著者 西村 秀昭
定価 1,620 円(本体1,500円+税)
仕様

B5変型判/112ページ

発売日
ISBN 9784845625277

電子版あり


『欲しかった音が出る!エレキ・ギター配線アレンジの本』のアンケートに回答する
・アンケートの回答にはリットーミュージック会員ログインが必要です。
・リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら

エレキ・ギター配線アレンジ ストラトキャスター 魅惑のレインボー・トーンに挑戦しよう!
▲本書に掲載している「ストラトキャスター編 Vol.1 魅惑のレインボー・トーン」の配線方法をまるっとお見せします!
是非チャレンジしてみてください!

関連動画

本書に掲載されている中から「ストラトキャスターのレインボー・トーン」の配線方法を動画でご紹介! 通常の5つの音に、フロント+リア、フロント+センター+リアを加えた7つの音が出せるように­なります。
実演しているのは著者の西村秀昭さん。その熟練のハンダゴテさばきにもご注目あれ!

●ストラトキャスターの配線アレンジ レインボー・トーン Part1

●ストラトキャスターの配線アレンジ レインボー・トーン Part2

内容

ストラト、テレキャスター、レス・ポール、PRSの使える配線アレンジ教えます!

ストラトのピックアップを換えることなくハムバッキングの音を出せたら、テレキャスターのピックアップ2つを直列につなぐことができたら、レス・ポールのノブをプッシュするだけでシングルコイルの音を出せたら……。そんなシンプルでありながら実用的な配線アレンジのノウハウを紹介する本。3大人気モデルであるストラトキャスター、テレキャスター、レス・ポールを中心に、 「定番」の配線アレンジ14パターンを詳しい写真でわかりやすく解説。初心者でもOK。ハンダゴテを持って、望みの音を手に入れよう! おまけでPRSのロータリー・スイッチをトグル・スイッチに換える方法も。

【CONTENTS】
■Part.1 配線アレンジに必要な知識とテクニック
◎1.エレキ・ギターにおける電気回路の基本概念
・回路の仕組み
◎2.回路を構成するパーツ
・ピックアップ
・ボリューム・ポットとトーン・ポット
・特殊なポット
・ジャック
・レバー・スイッチ
・トグル・スイッチ
・多様なスイッチ類
・コンデンサ
・配線に使用するケーブル
◎3.配線作業に使用する代表的な工具類
◎4.配線作業の基本テクニック
・リード線の下処理
・ボリューム・ポット化
・ノブの外し方、はめ方
・ハムバッカーのメタル・カバーを外す、付ける
・ピックアップの位相反転とケーブルの4芯化
・ピックアップの位相チェックの方法
・作業時の典型的な失敗例から学ぶ対策

■Part.2 ギター別 使える配線アレンジ
◎ストラトキャスター編
・魅惑のレインボー・トーン
・センター・ブレンダー
・シリーズ・ミックス
・フェイズ・アウト・ミックス
・3ボリューム・ミキサー
◎テレキャスター編
・2ボリューム・ミキサー
・シリーズ・ミックス
・フェイズ・アウト・ミックス
◎レス・ポール編
・2ピックアップのブレンド
・ブレンダー+マスター・ボリューム
・ステレオ・アウト
・ハムバッカーのリード線を4芯化
・パラレル、フェイズ・アウト、コイル・タップ
◎ポール・リード・スミス編
・ロータリー・スイッチをトグル・スイッチに

著者 プロフィール

西村 秀昭(にしむら ひであき)

1982年に大手楽器小売店に入社。1985年にリペア・ショップに移籍し修行を積む。1988年新興の楽器輸入会社に移籍。1994年に新宿若松町にて自身のリペア・ショップ「G.TECH OFFICE」を開業。1999年に現在も拠点にしている池袋に移転する。2003年からはギター・マガジン誌上での連載「ホーム・リペアのテクニック」を開始。現在もテーマを変えて連載を続けている。
◎G.TECH OFFICE公式サイト⇒http://gtech-office.com/

編集担当より
ひとこと

熟練のリペアマンで、ギター・マガジン誌上でも長年にわたって連載記事を書いていただいている西村秀昭さん、
『リペアマン直伝! メンテでギターが弾きやすくなる理由 弾きにくい理由』
『リペアマン直伝! メンテでベースが弾きやすくなる理由 弾きにくい理由』
に続く三冊目の著書です。

エレキ・ギターの配線アレンジなんていうと、マニアックで難しそうに感じるかもしれませんが、やってみると案外簡単で、仕組みがわかればわかるほど面白くなります。僕の手持ちのストラトキャスターもアレンジしてみましたが、びっくりするほど使える音が出ました。

リペア経験者ならなおのこと、初心者でも道具を揃えてチャレンジしてみてください。安いコストでいい音が手に入りますよ。
(ギター・マガジン書籍編集部 編集長/野口)

カテゴリ ギター > エレキギター > エフェクター・機材