商品紹介

書籍

1週間で効果体感! ベースを持たずに"どこでもトレーニング"100

著者 江川 ほーじん、佐久間 正英、村井 研次郎、宮下 智、前田“JIMMY”久史、斉藤“TAK”貴之、石村 順、山本 彦太郎、河辺 真 (掲載順)
定価 1,404 円(本体1,300円+税)
仕様

A5判/112ページ

発売日
ISBN 9784845622924
タグ 時間を決めて練習
内容

“代理トレーニング”と“補助的トレーニング”で劇的変化!

人生の大部分はベースを持つことができない状態です。そんな時でもベースの練習ができれば、あなたの音楽人生は濃密なものとなります。つまり、ベースを持つことができない時に行なえる“代理トレーニング”を知っておく必要があり、『1週間で効果体感! ベースを持たずにどこでもトレーニング』ではそういった練習方法を多数掲載しています。しかし、本書はそれだけではありません! ベースを持たないほうが効果的な“補助的トレーニング”も紹介。例えば、脱力したピッキングを身につけようと思っても、ピックを握ってしまうと、その分だけ脱力が難しくなってしまいます。だったら、まずはピックを握らずに脱力の感覚をつかんでしまったほうが効果的となるわけです。これが“補助的トレーニング”です。本書の“代理トレーニング”と“補助的トレーニング”の2種類を用いて、濃密&効率的なトレーニングを行なって下さい。

【CONTENTS】
■ベース、マエストロのアイディア
■左手のフィンガリング
■スラップ、2フィンガー、ピッキング
■両手のシンクロ
■リズム&グルーヴ
■耳トレ、他

著者 プロフィール

宮下 智(みやした さとし)

東京都出身。武蔵野音楽学院卒業後、ベーシストとしてプロ活動を開始。4弦ジャズ・ベースであらゆるスタイルを弾きこなすマルチな実力は、国内外から高い評価を受けている。これまでにEXILE、RIP SLYME、ゴスペラーズ、Misia、上戸彩、篠原涼子、片瀬那奈、TRF、globe、hitomi、V6、嵐など、さまざまなアーティストのレコーディング/ライヴを行ない、音楽シーンに多大な影響を与えている。また最近では今井麻美、原由実のレコーディング/ライヴや、ゲーム・ミュージックの制作にも取り組むなど幅広い活動を展開。完全プロ養成のミュージック・スクール“HAPPY GO LUCKY”も主宰している。
◎公式ホームページ⇒http://h-g-l.jp/

東京都出身。武蔵野音楽学院卒業後、プロ・ベーシストとしての活動を開始。ベーシストに必要なボトム感の低さ、絶妙なフレージング、フレットレスをも弾きこなすマルチな実力は高い評価を受け、これまでにEXILE、島谷ひとみ、鈴木雅之、ゴスペラーズなど、さまざまなアーティストのレコーディング/ラフ・サポートを行なっている。また、ベース・マガジンでの執筆活動や、完全プロ養成のミュージック・スクール「happy go lucky」も主宰。後進の指導にあたっている。

河辺 真(かわべ まこと)

smorgasのベーシストとしてメジャーデビューして以来、ERSKIN、CORNER、MARS EURYTHMICSなどのバンドに在籍したほか、DAITAなど多くのアーティストのライブサポート、レコーディングに参加。特定の演奏スタイルや音楽ジャンルに捕らわれない雑食性の高さと確かな演奏力が評価されている。また、エフェクターを自作するほどの機材マニアで、楽器や機材に関する知識も豊富。ベース・マガジンのライターのほか、国立音楽院でベース講師も務めている。 ◎オフィシャルブログ⇒http://white.ap.teacup.com/maco15/

前田“JIMMY”久史(まえだ じみー ひさふみ)

北海道出身。高校卒業後ディスコ、キャバレーなどのハコバン生活に入る。大のレッド・ツェッペリン好きのため、ハコバンのバンマスに“JIMMY"というセカンド・ネームを付けられる。1980年に今は亡き憧れの天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスに会うチャンスがあり、“My name is JIMMY. bassplayer.advice to me”と助言を求めたところ、ジャコに“JIMMY!! Let's practice practice!! Let's practice practice!"とありがたい言葉をもらい、いつの日か上京し、ベースでメシを食う決意を固める。25歳で上京後、一世風靡セピア、哀川翔、小泉今日子、X JapanのToshi、ダイアモンド・ユカイ、Ottottrio、Cutting Edge、The Outsidersなどジャンルを超えたさまざまなアーティストのサポート、スタジオ・ワーク、バンド活動を行なう。また劇団新感線のミュージカル『メタルマクベス』『SHIROH』『TOMMY』などに出演。ベース専門誌『ベース・マガジン』での執筆活動も行ない、『目で見て確認エレクトリック・ベース』、『スラップ・ベース・スパルタ合宿』『究極のピック弾き練習帳』(すべて小社刊)などの著作物も手がける。またESPミュージカル・アカデミーの講師として、後進の指導にもあたっている。
◎オフィシャル・ブログ→http://ameblo.jp/jimmy-bassman

村井 研次郎(むらい けんじろう)

2002年、ヴィジュアル系ロック・バンド“カリガリ”にてデビュー。2004年、SEX MACHINEGUNSに加入。同バンド脱退後、Panther、Joeとともにthe CYCLEを結成。ポップスからフュージョン、メタルまで幅広い音楽性を表現。2004年にはソロ・アルバムを発表し、その他、大槻ケンヂ、Coaltar Of The Deepersなど、セッション・ワークも多数。2011年には、初めての著書『ベース・マガジン 超絶ベーシスト養成ギプス』(リットーミュージック刊)を出版。

石村 順(いしむらじゅん)

1972年5月19日、大坂生まれ。ブリュッセル/東京/神戸で育つ。6歳でクラシック・ギターを始め、橘川恭則氏、Dominique Dubois氏に師事する。15歳でエレクトリック・ベースを始める。1996 年にLOVE CIRCUS
のメンバーとしてデビューし、翌1997年にはメジャー・デビューも果たす。同時にサポート・ベーシストとしても活動を開始する。2004年、日本を代表するドラマー、村上“ ポンタ”秀一が率いるNEW PONTA BOX結成時に加入し、その名をさらに広める。2008
年にはヒップホップ・ユニットSUIKAのレギュラー・サポート・メンバーとしての活動もスタート。この他にもサポート/共演したアーティストは多岐にわたっている。ベース・マガジン2011年4月号からは、リズムとグルーヴに特化した連載『リズム&グルーヴ実習ラボ』も開始。

カテゴリ ベース > 教本(練習・弾き方・レッスン)