商品紹介

書籍

本当に役立つ! クラシック・ギター練習法74

12人の指導者が実践する最強のトレーニング

著者(五十音順) 大坪純平、金庸太、斉藤松男、佐藤弘和、角圭司、竹内永和、谷川英勢、谷辺昌央、垂石雅俊、寺田和之、森田綾乃、レオナルド・ブラーボ
定価 1,944 円(本体1,800円+税)
仕様

A5判/128ページ/CD付き

発売日
ISBN 9784845623563
  • CD付き
内容

悩めるクラシック・ギタリスト、指導者必見!! 新しい出会いや発見が必ず見つかる練習法バイブル!

大好評既刊『本当に役立つ!』シリーズのクラシック・ギター版が登場。本書は、学習意欲や指導・研究欲に溢れる方のための練習法バイブルです。「トレモロが弾けるようになりたい」、「アルペジオに強くなりたい」、「舞台演奏の際の緊張を緩和させたい」などの多様な悩みや疑問を解決するノウハウが詰まっています。本書に登場する12人の指導者が効果を実感している最強のメソッドから、あなたに合う練習法やあなただけのオリジナル指導法の基となるヒントをゲットしてください。図解を多く掲載しているのでわかりやすく、じゃんじゃん頭に入ります! クラシック・ギターを弾きながら、あるいは楽器を持てない通勤・通学時間にも、ぜひ気軽に取り組んでみてください。

【CONTENTS】
■第1章 基礎力アップ編
01. 爪を上手くケアする方法
02. 爪を正しく削る方法
03. 爪とタッチを上手く作る方法
04. 身体を柔軟に使う方法
05. 楽器を持たずにやるフィンガー・エクササイズの方法
06. 練習の疲労を和らげるウォーミング・アップの方法
07. 疲労しにくい座り方を椅子の使い方から見直す方法
08. ポイントを押さえて正しく座る方法
09. 足台、そのほか支持具を使わないで演奏する方法
10. 余分な力を抜いてリラックスして構える方法
11. 親指をムリのないポジションで構えて使う方法
12. 正しい構え方を見つける方法
13. プランティングの種類と方法
14. 万能な基礎練習の方法
15. 短時間で効率良く指慣らしをする方法
16. 急いで指を起こしたい時のウォーミング・アップ方法
17. アル・アイレ奏法を得意にするために正しく構える方法
18. アポヤンド奏法を得意にする方法
19. 上手く消音する方法
20. 脱力を意識するためのクリック練習方法CDtr.1
21. 脱力を意識できるようになる方法
22. コツを掴んで効率良く左手の指を開く方法
23. 左右の指をまんべんなく強化するトレーニング方法
24. 指を強化するための訓練方法
25. ギターを持たずに左手の小指を強化する方法
26. 左右の手の動きを合わせるための確認方法
27. 左右の手の動きを一致させる練習方法
28. 右手と左手のシンクロ率を上げるトレーニング方法
29. セーハを得意にする方法Dtr.2~5
30. どんな状況でもすぐに演奏できるようにする方法
31. 指を俊敏に動かす訓練方法
32. スムーズな運指を選ぶ方法
33. ガイド・フィンガーを使ったポジション移動の方法
34. どんな練習も有意義にする方法
35. 飽きない練習方法
36. 楽譜に強くなる方法
37. 暗譜への苦手意識を払拭する方法
38. 弦の状態を自分でチェックする方法
39. 苦手な箇所を克服する方法CDtr.6~7
40. 難しい箇所の苦手意識を払拭する練習方法
41. 難しい箇所を効率良く練習する方法
42. 難しいフレーズを両手に分解して練習する方法CDtr.8

■第2章 テクニック向上編
43. アルペジオに慣れるための練習方法
44. アルペジオをキレイに弾くための練習方法
45. アルペジオを得意にする練習方法
46. クイック・アルペジオをキレイに弾く方法
47. スラーを確実にキメる左手の爪を作る方法
48. 美しくスラーを鳴らす方法
49. スラーに強くなるための練習方法
50. トレモロを得意にする方法CDtr.9~10
51. トレモロの粒を揃えて弾くための練習方法
52. トレモロが上手くなる練習方法
53. 速弾きに慣れるための訓練方法
54. 速弾きに強くなる方法CDtr.11
55. 速弾きが上手くなる訓練方法
56. スムーズにスライドする方法CDtr.12~14
57. スライドを上手くやる方法
58. キレイにビブラートをかける方法
59. スムーズにコードチェンジできるようになる練習方法
60. 固い音と柔らかい音を使い分ける方法
61. 人工ハーモニクスの音色の種類を増やす方法

■第3章 ステップ・アップ編
62. 短い時間で確実に仕上げるための練習方法
63. 舞台演奏での緊張を克服する方法
64. 避けられない緊張と上手に付き合う方法
65. 美しくギターらしい演奏をする方法
66. アンサンブルで正確に拍を刻む方法
67. アンサンブルでの最適なパート割の方法
68. 他楽器とのアンサンブルを上手くやるための練習方法
69. アンサンブルのコツを掴む方法
70. クラシック・ギター同士のアンサンブルの練習方法
71. クラシック・ギター同士のアンサンブルを上手くやる方法
72. シーンに合わせたマイキングの方法
73. 何を練習したら良いかわからなくなった時の練習方法
74. 腱鞘炎と上手く付き合う方法

著者(五十音順) プロフィール

斉藤 松男(さいとう まつお)

岩手県出身。日本ギターアカデミーに所属し、多数のステージやレコーディングを経験する。1973年に独立、ギター教室トニカルを主宰。その後、ホルヘ・アリサ、ホセ・ルイス・ゴンザレスに師事して、多彩な音色や音楽性を学び、1994年と1998年、カトマンズにてネパール初のクラシック・ギター・コンサート、2001年、フロイデ・シンフォニー・オーケストラと「アランフェス協奏曲」で共演、2005年、チェコ・プラハ、オーストリア・リンツ、ウィーンにて独奏とアンサンブルの公演を行なうなど、ワールドワイドな活動を展開。一方、2006年より自身の教室のほかに、朝日カルチャーセンター立川教室にて“楽しく始めるギター入門”講座の講師も務め、後進の指導も積極的に行なっている。2008年公開の松竹配給映画『犬と私の10の約束』では、ギター指導と演奏を担当。これまでEMIより3枚のアルバムを、リットーミュージックより多数の楽譜集、教則本、教則DVDをリリースしている。

垂石 雅俊(たるいし まさとし)

株式会社ジーアンドイー代表取締役。福島県出身。国際新堀芸術学院にて新堀寛己氏、卒業後は吉田佳正氏、金庸太氏に師事。新堀ギター音楽院の本部教室主任教師を歴任し、ドイツに渡欧。クラシック・ギターをアレクサンダー・セルゲイ・ラミレス氏、フィンガースタイルギターをドン・ロス氏に師事。帰国後、さいたま市産業創造財団の助力を得て、音楽教室ギターレ&エアストを浦和に設立。キングレコードより「カフェ日和~癒しのギターでくつろぎのひととき」など多数をリリース。著書に『弾きたい曲からはじめる! 私のクラシック・ギター』(弊社刊)など。

大坪 純平(おおつぼ じゅんぺい)

1985年生まれ、広島県出身。エリザベト音楽大学卒業。ギターを長野文憲、徳武正和、佐藤紀雄の各氏に師事。藤井眞吾、松尾俊介、鈴木大介、福田進一、松永一文、W.カネンカイザー,R・ヴィアゾフスキー、O・ギリアなどのマスタークラスを受講。第44回クラシカルギターコンクール次点、第34回日本ギターコンクール最高位、第1回イーストエンド国際ギターコンクール第2位。現代音楽作品を中心に意欲的な演奏活動する他、室内楽奏者として各種形態のコンサートに出演多数。代官山音楽院、アウラ音楽院講師。

金 庸太(きん ようた)

13歳よりギターを始め、大谷 環、尾尻雅弘、福田進一に師事。95年に渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事、97年に審査員全員一致の第1位で修了、翌98年には同音楽院の演奏家ディプロマを審査員全員一致の首席で取得。その後ベルギー王立アントワープ音楽院に在籍しながら、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。聖徳大学、GG学院、村治昇ギター早期才能教育教室講師。2006年10月に発表したソロCD「ヴァリエ2 内なる想い」はレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。

佐藤 弘和(さとう ひろかず)

弘前大学教育学部音楽科卒業。ギターを渡辺範彦、永島志基、各氏に師事。1990年第21回クラシカルギターコンクール2位入賞。2009-10年に全作自作自演による「佐藤弘和ギター作品展」を通算5回開催。楽譜に現代ギター社より『秋のソナチネ』『季節をめぐる12の歌』(作曲)、『昔の歌~ギターのための22章』『クラシカル・クリスマス』(編曲)などがあり、オリジナル曲『素朴な歌(シンプル・ソング)』が愛好家諸氏に広く親しまれている。ギター曲作曲のモットーは「弾き易くわかり易くメロディックであること」。

角 圭司(すみ けいし)

M.バルエコ、R.チェスター、尾尻雅弘、増田幸作の各氏に師事。1999年米国ジョンズ・ホプキンス大学ピーボディ音楽院入学、翌年修士課程に特別進級。2002年卒業。1997年スペイン音楽ギターコンクール優勝。米国同時多発テロ後、米国国務省で演奏。チャリティーコンサートはTVで全米に紹介された。また、ケネディセンター、カーネギーホール他全米で演奏。コスタリカ、台湾、スペイン、ベトナムでもコンサートツアーを行った。ソロに限らず様々な編成でも幅広い演奏活動を展開している。
◎ホームページ→http://www.keishisumi.com/

竹内 永和(たけうち のりやす)

第7回ギターコンクール第1位。イョラン・セルシェルの2枚のビートルズ・アルバムにアレンジを提供。2003年にピアニストの下森佳津美(しももりかつみ)とデュオ・シルフィードを結成し3枚のアルバムを発表。音楽関係各誌にて高い評価を受ける。近年はオーケストラとの共演も多く、佐渡裕指揮、シエナ・ウインド・オーケストラとのディズニーアルバム、竹本泰蔵指揮、アンサンブル金沢との映画音楽アルバムをリリース。アンサンブルでは、クアトロビエントス、ユカリッシモ、TRITONEに参加。洗足学園音楽大学ギター科、編曲法講師。

谷川 英勢(たにがわ えいせい)

長崎県出身。5歳から母の手ほどきを受けピアノを習い音楽に興味を抱く。その後、16歳からクラシック・ギターを始め、益田洋一、新井伴典の両氏に師事。国内の様々なコンクールにて入賞を重ねる。これまでに佐々木忠、福田進一、藤井眞吾、R.アウセル、P.シュタイドル、R.ヴィアゾフスキー、S.グロンドーナ各氏他多数のマスタークラスを受講。様々な楽器とのアンサンブルにも積極的に取り組んでおり、ギタリストの遠藤峻と“DUO TRUSSARDI”(デュオ・トラサルディ)を結成。全国各地で演奏活動を行っている。

谷辺 昌央(たにべ まさお)

7歳からギターを始める。東京大学在学中に、東京国際ギターコンクールに首席入賞。ケルン音楽大学を首席卒業。ノルバ・カエサリーナ国際ギターコンクールなどヨーロッパの多数の国際コンクールで第1位。2005年ワシントンのケネディーセンターでアメリカ・デビュー。ニューヨークにおけるバッファロー・フィルとの共演は2000人総立ちという大成功を収め、全米およびEU全域で中継された。ヨーロッパや南米のオーケストラとも多数共演。南米ツアーではブラジル日系移民100周年記念事業として、林光のギター協奏曲を南米初演。

寺田 和之(てらだ かずゆき)

日本ギター専門学校ギター音楽科卒。1990年全日本ギターコンクール1位。ソロ、アンサンブルの両面で演奏活動。現在世界に広がりを見せつつあるギターオーケストラ創始の新堀寛己氏に師事、この分野の指揮者としてデビューし国内はもとよりヨーロッパ、アメリカ、アジアの主要都市で度々公演しギタオケサウンドを世界に普及中。現在、伝統ある活動歴を持つ新堀ギターアンサンブル常任指揮を務め、多くの新作オリジナルも発表。台湾、シンガポールには指揮者としてたびたび公演し、現地のギタオケを育てている。現国際新堀芸術学院副学長。

森田 綾乃(もりた あやの)

2006年桐朋学園芸術短期大学芸術科卒業、2008年専攻科修了。定期演奏会、卒業・修了演奏会などに出演。在学中より演奏・教授活動を始める。2009年秋渡仏。国立パリ地方音楽院入学試験に合格後、パリ市立13区モーリス・ラヴェル音楽院専門課程に在籍。2012年国立パリ地方音楽院専門課程ディプロム試験に審査員満場一致で合格。同年10月帰国。これまでにギターを佐藤弘和、佐藤紀雄、アタナス・ウルクズノフの各氏に師事。現代ギター社GG学院、アウラ音楽院講師。森田綾乃ギター教室主宰。

Leonardo Bravo(レオナルド・ブラーボ)

アルゼンチン共和国出身。ロサリオ国立大学芸術学部音楽学科修了。2003年来日、ソロや他楽器とのアンサンブルでアジアを中心に北米、南米で活動。2009年、米マーシャル大学よりジョン・エドワード特別芸術賞受賞。自身の独奏、二重奏のCDを制作する他、アンサンブル、指揮者、編曲者として多くのアーティストの作品に携わる。2008年出版『五つの小品』は、米マーシャル大学のカリキュラムに採用。2013年、タンゴ編曲集、2014年、ギターソロのCD『レオナルド・ブラーボ ブエノスアイレスの四季』をリリース。

編集担当より
ひとこと

大坪先生は緻密な練習経験を活かしたメソッドをご提供。
金先生は研究熱心故に新しくオシャレなメソッドの宝庫!
斉藤先生はダンディー!「フォームが正しければ腱鞘炎にはならないよ」。
佐藤先生はサウスポーのため「ヴィンテージギターを弾くのは諦めました」。
角先生のメソッドはアメリカ仕込み。
竹内先生は綿密な練習譜例を大量にご紹介。
谷川先生の素晴らしい資料からは完璧主義なお人柄が伺えました。
谷辺先生は斬新なメソッドの宝庫!左手の爪にも注目です。
垂石先生はバラエティ豊かにどんな悩みも解消してくれます。
寺田先生は超ポジティブ!明るい気持ちになりました。
森田先生は丁寧で穏やかな話し方同様、かわいらしいメソッドもご紹介。
レオナルド先生の日本語はお見事!深いテーマにも切り込みました。

……こんなバラエティ豊かな先生方のお写真は本誌巻末に掲載。
キャラクターを想像しながら楽しく読んでみて下さい。
(出版2部:菊地)

カテゴリ ギター > クラシックギター
ギター > 教本(練習・弾き方・レッスン)
ギター > アコースティックギター > 教本(練習・弾き方・レッスン)