商品紹介

ムック

リズム&ドラム・マガジン

ドラムで一番大切な"グルーヴ"と"音色"を体得する本

著者 小宮 勝昭
定価 2,052 円(本体1,900円+税)
仕様

A4変型判/128ページ/CD付き

発売日
ISBN 9784845621538
  • CD付き
  • 立ち読み
  • 立ち読みする
内容

ドラミングで個性を出す最速のエクササイズ

基本的な事柄が細かく解説されている教則本は多数あるものの、それらはすべてをやるにはとにかく時間を必要とする上に、時には必要ではないことも盛り込まれています。本書はより良いグルーヴや音色を体得することをテーマにその要点のみをピックアップし解説。著者が編集者時代に得た、数々の名ドラマーのノウハウを盛り込んで紹介します。“これだけやればモノになる!”を合い言葉に、最速で実力を磨いていける内容になっています。

【CONTENTS】
■第1章 練習パッドで作る基本
■第2章 練習パッドから本物の楽器へ~スネア・ドラム、ハイハット、ライド、ベース・ドラムを演奏するための基本
■第3章 身体で感じるグルーヴ
■第4章 ドラム・セットのさまざまな音色を操る
■第5章 使いやすいルーディメンツを覚える
■第6章 バンドで、セッションのススメ
■第7章 名手が語る“グルーヴ”と“音色”

著者 プロフィール

小宮 勝昭(こみや かつあき)

ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリンを聴いて音楽に目覚め、ドラムを始める。大学卒業後つのだ☆ひろ氏に師事、独自のグルーヴ理論を学ぶ。1994年からリズム&ドラム・マガジン編集部に所属、2001年1月~ 2012年3月まで同誌編集長を務める。現在は演奏者として、ドラム・セットのみならず、ジェンベ、コンガ、ブガラブー、カホンなど、民族打楽器も駆使する独自のスタイルを形成。自身のユニット“かんぱち”の他、ロック、ジャズ、果ては即興演奏まで、さまざまなフィールドで活動。2012年よりDrumGymに講師として参加。自身の経験をまっすぐに伝えるスタイルで、セミナーをはじめ、後進の指導も積極的に行っている。同年にドラム本『ドラムで一番大切な“グルーヴ”と“ 音色”を体得する本』(リットーミュージック刊)を発表。

カテゴリ ドラム・パーカッション > 教本(練習・叩き方・レッスン)