商品紹介

ムック

音響映像設備マニュアル

定価 5,400 円(本体5,000円+税)
仕様

A4変型判/272ページ

発売日
ISBN 9784845619139
  • 立ち読み
  • 立ち読みする
内容

音響と映像のテクノロジーを学ぶ最高の教科書

音響や映像、照明の基礎理論から具体的な機材知識、そして現場での運用方法までを学べる総合的な解説書です。レコーディングやライブPAなどの音楽プロダクションに関する知識はもちろん、デジタル化で著しい進化を見せている放送関連のテクノロジーまで幅広く網羅しています。また巻頭特集の「プロの現場徹底レポート」では、スタジオからホールに至るまで、さまざまな実例も掲載しており、最新の設備音響をさまざまな角度から見渡せる内容となっております。エンターテインメント・シーンに携わる方々、あるいはこれから業界を目指す方々にとって最高の教科書と言える一冊です。

■特集
プロの現場徹底レポート
◎東宝スタジオ ポストプロダクションセンター1
◎新宿BLAZE
◎神奈川芸術劇場
◎CAY
◎Studio A-tone 四谷
◎ なんばHatch
◎淀橋教会
◎渋谷Star lounge
◎新国立劇場
◎東映デジタルセンター

≪ 音響設備 編≫
■第1章 基礎音響理論
◎1-1 音の仕組み
◎1-2 音場
◎1-3 音響心理とその効果

■ 第2章 MIDIとデジタル・オーディオの基礎
◎2-1 MIDIの基礎
◎2-2 デジタル・オーディオの基礎
◎2-3  タイム・コードの基礎

■第3章 音響機器
◎3-1 ミキシング・コンソール
◎3-2 DAW
◎3-3  デジタル周辺機器
◎3-4 レコーダー
◎3-5 サンプラー
◎3-6 マイクロフォン
◎3-7 エフェクター
◎3-8  パワー・アンプ
◎3-9 スピーカー
◎3-10 その他の機器

■第4章 音楽スタジオの設計と運用
◎4-1  スタジオ・システムの構築
◎4-2 設計/施工の基本ポイント

■第5章 PAシステムの基本とプランニング
◎5-1  PAシステムのプランニング
◎5-2 さまざまなPAシステム

≪映像設備 編≫
■第1章 映像基礎理論
◎1-1  光と色
◎1-2 デジタル映像の基礎

■第2章 放送
◎2-1 テレビ/ビデオの基礎
◎2-2 ハイビジョン放送

■第3章 映像機器
◎3-1 ビデオ・カメラ
◎3-2 VTR
◎3-3 受像機/ディスプレイ
◎3-4 映像編集の基礎とシステム

■第4章 映像スタジオの設計と運用
◎4-1 ビデオ編集スタジオ
◎4-2 MAスタジオ

≪照明設備 編≫
■第1章 照明の基礎
◎1-1 照明の仕事とは
◎1-2 照明の基本とプランニング

■第2章 照明機材
◎2-1 灯体
◎2-2 照明卓
◎2-3  その他の機材/ツール

≪資料 編≫
◎電気理論の基礎
◎デジタルの基礎
◎ケーブル/コネクターの種類と規格
◎音響機器の測定と調整
◎業務用機器のメインテナンス
◎記録メディア
◎用語索引

カテゴリ DTM・DJ・レコーディング > 音響・映像・レコーディング