商品紹介

書籍

米国ラテン音楽ディスク・ガイド50's-80's

LATIN DANCE MANIA

著者 マンボラマTokyo(藤田 正+岡本 郁生)
定価 2,160 円(本体2,000円+税)
仕様

A5判/160ページ(オールカラー)

発売日
ISBN 9784845615308
内容

サルサ! ブーガルー! メレンゲ! ラテン・ロック!

プエルトリコ人を中心としたニューヨーク在住のラティーノたちによって作り上げられ、70年代に爆発的な人気を博したサルサ。その直前、60年代後半にブームとなったブーガルー。本書はこれら米国産のラテン・ミュージックの重要作を400枚以上紹介するディスク・ガイドです。ドミニカ共和国発祥のメレンゲや、西海岸で生まれたラテン・ロック、ハウス・ミュージックの源流とされるサルソウル・レーベルの作品まで、50~80年代の米国におけるラテン・ミュージックの流れをばっちりフォロー。ラテン音楽ファンのみならず、DJ諸氏にもぜひ手にしてほしい1冊です。

【CONTENTS】
■CHAPTER 1:LATIN meets JAZZ
■CHAPTER 2:PACHANGA, DESCARGA y BOOGALOO
■CHAPTER 3:SALSA
■CHAPTER 4:MERENGUE
■CHAPTER 5:LATIN DISCO / LATIN ROCK
著者 プロフィール

マンボラマTokyo(藤田 正+岡本 郁生)

◎藤田 正 マンボラマTokyo官房長官。評論家、音楽プロデューサー。1953 年、富山県生まれ。明治大学卒業後、月刊『ミュージック・マガジン』に編集者として入社。その後、月刊『BAD NEWS』編集長を務める。著書に『メッセージ・ソング――「イマジン」から「君が代」まで』(解放出版社)、『沖縄は歌の島――ウチナー音楽の500 年』(晶文社)などがある。 ◎岡本郁生 マンボラマTokyo幹事長。1958年生まれ。高校生だった70年代半ばにサルサの洗礼を受け、以来、ラテン音楽を心の拠りどころに日々の生活を送っている。大学在学中はモダン・ジャズ研究会でベースを担当。FM番組の制作者としてさまざまな音楽番組を手がけるほか、雑誌の連載、CD解説、イヴェ ント主宰など幅広く活動中。 ◎マンボラマTokyoとは イラストレーターの河村要助を中心とするラテン音楽愛好集団。2006年に発足し、ラテン音楽普及のためにイヴェントを開催している。 Beats21⇒http://www.beats21.com/

カテゴリ 読み物・ディスクガイド・その他音楽 > ディスクガイド